毎日菓子パンを食べるとヤバい?体への影響を調査

菓子パンを毎日食べるとヤバい?体への影響

甘くておいしい菓子パンはおやつや小腹がすいたときにぴったり。

スーパーやコンビニに行けば様々な種類の魅力的な菓子パンが売られていて、つい買って食べちゃいます。

毎日菓子パンを食べるとなんとなく体に良くないんだろうなあということは分かりつつも、具体的にどんな影響があるかは分かりませんよね。

そこで今回は

  • 毎日菓子パンを食べるとヤバい?理由を調査
  • 菓子パンの代わりにおすすめのパン

2つについてまとめました。

毎日菓子パンを食べるとヤバい?理由を調査

チョコパン

結論から申し上げますと、毎日菓子パンを食べると体にはよくありません。

その理由は2つ。

  • カロリーが高いので肥満になってしまう
  • 栄養バランスが崩れてしまう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

カロリーが高いので肥満になってしまう

体重が増えてしまう

山崎製パンが販売している菓子パンのカロリーを調べたところ、

高級つぶあん⇒359kcal

大きなチョコチップメロンパン⇒454kcal

ミニスナックゴールド⇒538kcal

ナイススティック⇒448kcal

商品情報[菓子パン]

どれも高カロリーなことが分かります。

菓子パンはその名の通りお菓子のように甘くペロッと食べられるので、つい2個3個と食べてしまうことも。

大人の平均的な1日の摂取カロリーは女性で1600~2000kcal、男性で1800~2500kcalです。

お昼ご飯に菓子パン3個を食べるだけで摂取カロリーは1500kcal近くになり、カロリーオーバーは避けられません。

カロリーを過剰摂取すると肥満になってしまいますが、肥満はただ体系が変わるだけではなく様々な病気の引き金になってしまいます。

肥満によって引き起こされる体の不調としては3つのことが考えられます。

  • 骨や関節の負担が大きくなり腰痛や膝痛になる
  • 糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる
  • 生活習慣病が進行すると動脈硬化を引き起こして、心筋梗塞や脳卒中になることも

菓子パンの食べ過ぎで病気になるのは避けたいですね。

栄養バランスが崩れてしまう

栄養が偏る

菓子パンに含まれる栄養はほとんどが糖質と脂質。

ビタミンやミネラル、食物繊維といった健康のために摂りたい栄養素が菓子パンには含まれていません。

菓子パンばかり食べて必要なバランスが足りなくなると体はどうなるか。

  • 肌が荒れる
  • 便秘になる
  • イライラしやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 頭がぼーっとして働かなくなる
  • 病気になるリスクが高まる

どれも辛いですよね。

菓子パンを買うときにはサラダやヨーグルトなども一緒に買って足りない栄養を補うようにしましょう。

スポンサーリンク

菓子パンの代わりにおすすめのパン

毎日菓子パンを食べると体に良くないことが分かりましたが、どうしてもパンが食べたい!という方におすすめなパンがBASE BREAD®です。

最近話題になっている「完全食」といわれるもの。

BASE BREAD®は

  • 高たんぱく
  • 豊富な食物繊維
  • 26種類のビタミンとミネラル配合
  • 糖質オフ

といったこれまでの菓子パンとは全く違う高機能食品となっています。

個人的にはパンを食べるだけで26種類のビタミンとミネラルが摂取できるのがいいなあと感じました。

もちろんBASE BREAD®だけを食べれば健康になれるとか病気にならないということではありません。

ただ毎日菓子パンを食べるよりはBASE BREAD®のほうがいいかなと思いますので、菓子パンを食べたいけれど体のことも気になるという方は、検討してみてもいいかもしれませんね^^

⇒賞味期限が1ヶ月あり初回限定20%オフで買える公式サイトはこちら

※アマゾン楽天では賞味期限が2週間ほど短くなるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

毎日菓子パンを食べるとヤバい?まとめ

毎日菓子パンを食べると体にどんな影響があるのかまとめました。

  • 毎日菓子パンを食べると、肥満になったり栄養バランスが崩れて病気になることもある
  • 菓子パンの代わりに高たんぱくでビタミンミネラルが豊富なBASE BREAD®がおすすめ

菓子パンはおいしくて私も大好きですが、やはり毎日食べるのは体に良くないということが分かりました。

菓子パンを食べるときは他の食事で栄養バランスを整えるなど、気を付けて菓子パンを楽しみたいと思います。

菓子パンのカロリーはなぜ高い?理由を解説

テキストのコピーはできません。