アイスケーキが溶ける時間はどのくらい?持ち帰りのポイントと注意点

アイスケーキが溶ける時間はどのくらい?持ち帰りのポイントと注意点

アイスケーキは、その豪華な見た目から誕生日やお祝い事に利用するという人も多いでしょう。

ただ、アイスケーキで心配なのは「持って帰るまでに溶けないか」ということですよね。

せっかくのアイスケーキ、食べるまでに溶けてしまっては残念です><

アイスケーキが溶ける時間はどのくらいなのでしょうか?

そこで今回は、

  • アイスケーキが溶ける時間はどのくらい?
  • アイスケーキを持ち運ぶときのポイントと注意点

2つについてまとめました。

スポンサーリンク

アイスケーキが溶ける時間はどのくらい?

サーティワンアイスケーキ

アイスケーキが溶ける時間は季節によって違います。

夏場:10分ほど

冬場:20分ほど

アイスケーキはサイズが大きいものが多く、普通のアイスに比べて溶けるまでに時間がかかります。

しかし、デロデロには溶けなくても、アイスケーキの側面がやわらかくなったり、トッピングが乗っている部分から崩れてきたりします。

私は、9月に31アイスクリームのアイスケーキを買いに行ったことがあります。

9月といえどまだ日中は暑く、半袖でもいいくらいの気温の高さ。

家の冷凍庫に入れるまでに車で15分ほどかかったので「これ大丈夫?溶けてない?」と不安に…。

でも、家に帰って開けたアイスケーキはカチカチに凍ったまま。

全然溶けてなかったんですね。

まだ汗ばむほどの気温だったのに、なんでアイスケーキが凍ったままだったのか。

それは、ドライアイスのおかげ。

アイスケーキを持ち帰るのにドライアイスは必須です◎

アイスケーキを買ったお店が家の隣、とかなら話は別ですが、ドライアイスがないとアイスケーキを溶けないまま持ち帰るのは難しいです><

次の項目で、アイスケーキを持ち運ぶときのポイントと注意点を詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

アイスケーキを持ち運ぶときのポイントと注意点

アイスケーキを持ち運ぶときのポイントは、アイスケーキが冷えた状態をキープすること

アイスケーキを冷やす方法として、保冷剤や氷を使う方法もありますが、カチカチの凍った状態をキープしたいならドライアイスにしましょう。

ドライアイスは氷よりも低温で、常温で溶けるときも氷のように液体にはならず、直接気体になって空気を冷やすことができます。

溶けにくく溶けたあとも周りを冷やしてくれるので、アイスケーキの持ち運びには最適◎

ドライアイスは店によっては無料でもらえるところも

私が31アイスクリームでアイスケーキを買ったときは、持ち帰り30分までのドライアイスが無料でついていました。

ドライアイスの値段は、各店舗によって変わるようです。

30分まで:無料

1時間まで:50円

2時間まで:80円

3時間まで:100円

私がアイスケーキを購入した店舗は、上記のような値段設定になっていました。

3時間までしかないのは、これ以上ドライアイスを入れてしまうと、アイスケーキの箱がドライアイスに耐えられず破損する可能性があるから。

ただ、30分までのドライアイスでも保冷効果はしっかりあったように感じました。

3時間分のドライアイスがあれば、よっぽどのことがなければアイスケーキが溶けることはないと思います(直射日光のあたる場所に置いてた、とかは別ですが)。

また、シャトレーゼでも同様にドライアイスを販売しています。

店舗でアイスケーキを購入すると、受取の際に店員さんに持ち帰りの時間を聞かれると思うので、時間に合わせたドライアイスを購入しましょう。

アイスケーキの大きさによっては、保冷バッグを使うとより溶けにくくなる

食べ物を冷やしたまま持って帰るときに便利なのが、保冷バッグ。

私も31アイスクリームのアイスケーキを買ったときに使おうかなと思っていたのですが、私が頼んだアイスケーキは直径18.5㎝のもの。

そんな大きさのアイスケーキが入る保冷バッグは持っていなかったため諦めました^^;

ただ、アイスケーキによってはサイズが小さいものもありますよね。

サイズが小さいアイスケーキは保冷バッグに入れるのがおすすめ。

もちろんドライアイスを付けるのは必須ですが、保冷バッグに入れることでより溶けにくく安心してアイスケーキを持ち帰りできますよ^^

保冷バッグがなければ発泡スチロールの箱でも代用できます◎

発泡スチロールには保冷効果があるため、中にアイスケーキを入れてしっかりフタを閉めれば冷たい温度をキープしてくれます。

簡易的なクーラーボックスとして使うことができるので、1つ常備しておくと便利です。

スポンサーリンク

アイスケーキが溶ける時間はどのくらい?まとめ

  • アイスケーキが溶ける時間は、夏場は10分・冬場は20分ほど
  • アイスケーキは大きいので普通のアイスに比べると溶けにくいが、持ち帰るときはドライアイスが必須
  • ドライアイスは店によっては無料でもらえる
  • 保冷バッグや発泡スチロールの箱にアイスケーキを入れると、より溶けにくいまま持ち帰ることができる

せっかく買ったアイスケーキ、ドロドロに溶けてしまってはもったいない!

アイスケーキを買ったら必ずドライアイスを付けて持ち帰るようにしましょう◎

もし、どうしても持ち帰るまでに時間がかかるという場合は、ネット通販でアイスケーキを注文するのも一つの手です^^

溶ける心配がなく、自宅までアイスケーキを届けてくれますよ!

関連記事:アイスケーキはどこで売ってる?販売店やショップを調査

テキストのコピーはできません。