じゃがりこのフタが売ってる場所は?販売店舗や100均などを調査

じゃがりこのフタはどこで買える?販売店情報を調査

サクサクとした食感でみんな大好きじゃがりこ。

唯一の難点は、一度開封するとフタができないということでしょうか。

最近ではパウチタイプで封ができるじゃがりこも売ってますが、じゃがりこと言えばやっぱりカップに入ったあの形ではないでしょうか。

カップタイプのじゃがりこを「ちょっとだけ保存しておきたい」というときに便利なのがじゃがりこのフタ。

じゃがりこのフタが欲しいけど、売ってる場所はどこなのか知りたいですよね。

そこで今回は、じゃがりこのフタが売ってる場所についてまとめました。

スポンサーリンク

じゃがりこのフタが売ってる場所は販売店?

じゃがりこのフタが売ってる場所のなかで、確実に手に入る場所は『カルビープラス』です。


カルビープラスは、「カルビーのおいしいたのしいを体験できる店」としてカルビーがオープンしたお店。

全国に10店舗あります(2022年4月現在)。

  • 新千歳空港店
  • 東京駅店
  • ららぽーとエキスポシティ店
  • 神戸ハーバーランドumie店
  • 沖縄国際通り店
  • 海老名SA店
  • 西武所沢店
  • 広島駅店
  • イーアス沖縄豊崎店
  • 伊丹空港店

カルビープラスといえば、キッチンで作る揚げたてのポテトチップスやじゃがりこのようなスナック『ポテりこ』が有名ですよね。

しかし、ホットスナック以外にもお土産として使えるような雑貨も売っているんです。


じゃがりこのフタも人気雑貨のうちのひとつ。

じゃがりこのフタは1つ120円(税込)とお手頃価格です。

デザインは店舗によって変わるようで、地域限定デザインのフタは旅行のお土産にぴったりですね♪

また、コラボレーションしたじゃがりこのフタが販売されることもあります。

ついついコレクションしたくなっちゃいますね。

限定商品は値段が変わることもあるので、その都度確認してください。

スポンサーリンク

じゃがりこのフタが売ってる場所は100均?

ダイソーじゃがりこのフタ

「近くにカルビープラスのお店がない…」と言う人もいますよね。

実は、じゃがりこのフタが100均で売ってるという情報もあるんです。


100均は「こんなの欲しかった…!」というような商品がたくさん置いてありますが、じゃがりこのフタはまさに「あれば嬉しい」ものの代表格のような気がします。

ダイソーやセリアでは、じゃがりこに使えるフタとじゃがりこを食べるときに使えるトングがセットになって売られています。

フタにはトングをかけておける場所もあって、これで110円(税込)なんて日本の100均はすごいなあ…と感心しちゃいます。


ただ、100均は商品の入れ替わりが激しく、店舗によっては取り扱いが終了していることも…。

こちらも事前に店舗に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

じゃがりこのフタを使う時の注意点

じゃがりこのフタは、じゃがりこが途中で残ってしまったとき、ちょっとフタをしておくためのアイテム。

ホコリが入ったり汚れるのを防ぐことはできますが、密閉できるわけではありません。

一度開封したじゃがりこは、例えじゃがりこのフタをしていても時間が経てば湿気てしまいます。

じゃがりこはサクサク感が命。

じゃがりこのフタをしてるからといって安心せず、できるだけ早めに食べきることをおすすめします!


「湿気るならフタの意味ないんじゃ?」と思うかもしれませんが、じゃがりこのフタがあればじゃがりこの持ち運びがぐんと楽になります。

旅行の道中でおやつとしてじゃがりこを食べるとき、いつも中途半端に余ってしまってカバンの中でじゃがりこがバラバラ…。

そんなことがよく起こる私としては、じゃがりこのフタはやっぱり手に入れたいアイテムです^^

スポンサーリンク

じゃがりこのフタが売ってる場所まとめ

  • じゃがりこのフタは、全国に10店舗ある『カルビープラス』で買うことができる
  • じゃがりこのフタとして使えるフタが100均にあるという情報も

じゃがりこのフタはカルビープラスの店舗で買うことができます。

値段も手ごろでデザインも豊富なじゃがりこのフタは、旅行のお土産にもぴったり。

お店に立ち寄った際にはぜひ好きなデザインのじゃがりこのフタをゲットしてくださいね^^

関連記事:じゃがりこの1本のカロリーと糖質を調査!食べるときのポイントも

テキストのコピーはできません。