コチュジャンの賞味期限は開封済みだといつまで?冷凍保存で長持ちさせる方法も

コチュジャンの開封後の賞味期限は?冷凍保存で長持ちさせる方法

韓国料理に欠かせないコチュジャンは、ついつい使いかけのまま冷蔵庫に眠らせてしまいがち。

「このコチュジャン、いつ使ったやつだっけ…」なんて状態のものが我が家の冷蔵庫にも入っています^^;

そんなとき気になるのは、コチュジャンはいつまで食べられるのかということ。

コチュジャンの賞味期限は開封後は、短ければ1ヶ月、長ければ3~4か月が目安となっています。

今回は、コチュジャンの賞味期限が開封後だとどれくらいか、コチュジャンを長持ちさせる保存方法についてまとめました。

スポンサーリンク

コチュジャンの賞味期限は開封済みだと1ヶ月~4ヶ月程度

コチュジャン

コチュジャンの賞味期限は開封後は短ければ1ヶ月、長くて4ヶ月ほどと商品によって差があります。


韓国料理に欠かせないコチュジャンは、米やもち米に唐辛子といった香辛料を加えて発酵させ、長時間熟成させたもの。

味が濃く保存食でもあるコチュジャンはもともと日持ちする調味料ではあるんですね。



しかし、コチュジャンによっては保存料を使用していないことや製法や味つけの違いで日持ちしないものも。

コチュジャンによって開封後の賞味期限がバラバラなのは、こういった理由のためです。


コチュジャンの開封後の日持ちは商品裏のパッケージやメーカーのHPに記載してあるので、一度使用前に確認するようにしましょう。

自家製のコチュジャンほど賞味期限は開封後は短くなります。

自家製コチュジャン、メーカーのコチュジャンともに開封後は要冷蔵になるので、必ず冷蔵庫で保存してください

瓶やチューブのものはしっかりと容器のフタをしめて、空気に触れないようにするのが大事。



コチュジャンを久しぶりに使うときは傷んでないかチェックする必要があります。

次の項目で開封後のコチュジャンで食べないほうがいい目安を詳しく見ていきます!

スポンサーリンク

開封済みのコチュジャンで食べないほうがいい目安

保存食であるコチュジャンですが全く傷まないわけではありません。

  • 開封後に常温で置いておいた
  • 水気が入った
  • 使用した箸や調理器具がコチュジャンに触れた

といった理由でコチュジャンに菌が繁殖してしまうことがあるんです。

特に、瓶など容器に入ったコチュジャンは、使用の際に水分や菌が入り込みやすいです。

ついつい使いかけのスプーンなど使ってしまいそうになりますが、清潔なスプーンを使うのを心がけましょう。



久しぶりに使うコチュジャンは事前に傷んでないか確認することが大事!

コチュジャンを食べないほうがいい目安はこちら↓

  • 異臭がする
  • 変色している
  • カビが生えている
  • ねばつく

傷んで菌が繁殖したコチュジャンは、まず見た目に変色して嫌なニオイがします。

鼻にツンとくるようなアンモニア臭や酸っぱいようなニオイがしたら、菌が繁殖している可能性が非常に高いです。

カビがが生えていないかも確認してください。

糸を引くようなねばつきが出た時も危険です。

発酵が進んで酸っぱくなってしまうこともあるので、食べてみて変だなと感じたらそのコチュジャンを使うのはやめてくださいね。

スポンサーリンク

コチュジャンは冷凍保存で長持ちさせられる

コチュジャン

コチュジャンを1食分ずつのパウチにしてほしい…私は常々そう思っているのですがなかなかないんですよね。

頻繁には使わないけど、あると嬉しいのがコチュジャン。

割と少量のチューブタイプのコチュジャンを買ってもいつも余らせてしまうんです。

そんな人におすすめなのが、コチュジャンを冷凍すること!

コチュジャンは冷凍することで、菌の繁殖を抑えることができます。

冷凍すれば1年ほど保存することが可能なので、なかなか使い切れない・おいしさを保ったまま保存したいという人はコチュジャンを冷凍保存しましょう。

コチュジャンは塩分濃度が高いので冷凍しても凍りません(味噌も同じです)。

冷凍庫から出してすぐでもさっと使うことができるので、冷蔵庫内にコチュジャンを置くスペースがない人にもおすすめ。

容器に入れたものはしっかりフタをして冷凍庫で保存してくださいね。

スポンサーリンク

コチュジャンの開封後の賞味期限と長持ちさせる方法まとめ

  • コチュジャンの賞味期限は開封後は1ヶ月のものもあれば、4ヶ月もつものもある
  • 保存食で日持ちするコチュジャンも、開封後は冷蔵庫で保存しないと菌が繁殖して傷んでしまう
  • 傷んだコチュジャンは、酸っぱいニオイがしたりカビが生えたりする
  • コチュジャンは冷凍保存すれば1年ほど日持ちさせることができる
  • コチュジャンは塩分濃度が高く冷凍庫に入れても凍ることはない

コチュジャンは一度使ったっきり冷蔵庫に眠ったまま…という人は多いかもしれません。

コチュジャンによって開封後の賞味期限は変わるので、開封時に「いつ開けたか」メモしておくといつまでに使うかの目安になります。

久しぶりにコチュジャンを使う場合は、変なニオイがしないか見た目に変化はないか事前に確認してから使ってください。

冷凍しても凍らずに使い勝手が変わらないので、コチュジャンは冷凍保存がおすすめです!


関連記事:コチュジャンがないときの代用方法は?代わりに使える調味料を紹介

テキストのコピーはできません。