ミロは太るって本当?カロリーと糖質や牛乳と豆乳で作る違いも紹介

ミロの豆乳で作ったカロリーと糖質を紹介

子供から大人にまで人気の栄養機能食品『ミロ』

おいしさだけでなく、栄養成分にも注目されていますよね。

ミロはあまりの売れ行きに製造が追いつかなくなったことがあるほど人気です◎

おいしいけれど、気になるのがミロ1杯あたりのカロリーや糖質がどのくらいなのか?ということですよね。

大人がミロを飲むと太るなんて言われることがありますが、本当なのでしょうか?

そこで、今回はミロのカロリーや糖質がどのくらいなのかをまとめました!

ミロを牛乳で作った場合のカロリーや糖質、豆乳で作った場合のカロリーや糖質も一緒にご紹介します。

ミロを飲むと太るのは飲みすぎた時!カロリーと糖質はそんなに高くない

ミロは太るって本当?

ミロのカロリーと糖質がこちら。

ミロを牛乳150mlで作った場合
ミロ15g
水で作った場合
ミロ15g
カロリー164kcal60kcal
糖質17.2g9.8g
ミロの栄養成分カロリー

ミロは栄養機能食品で、様々な栄養を取ることができますがカロリーや糖質が低いとは言えません。

でも、カロリーや糖質が高すぎるってわけでもないんですよね!

おいしいので1日に何回も飲みたくなってしまいますが、たくさん飲みすぎてしまうと糖質やカロリーをとりすぎになってしまい太る可能性はあります。

例えば寝る前にミロを飲むとか、1日5回以上飲むとか、飲むタイミングや量によって太ることもありえますよね。

『ミロを飲んだから太る』ではなくて『ミロを飲み過ぎたら太る』が正解かもしれません。

逆に、飲む量を調整しながら上手に取り入れていけば栄養も上手に取り入れられるってことですね^^

もし、牛乳でカロリーが高くなるのが心配なら、水や豆乳で作る方法もあります。

スポンサーリンク

ミロのカロリーと糖質:調整豆乳と無調整豆乳で作った場合

調整豆乳150mlで作った場合
ミロ15g
無調整豆乳150mlで作った場合
ミロ15g
カロリー147kcal145kcal
糖質13.1g 12.3g

※キッコーマンの調整豆乳と無調整豆乳のカロリーを参考に計算しています。

ミロを豆乳で作ると、牛乳で作るよりもカロリーや糖質が少なくなります!

調整豆乳と無調整豆乳でも糖質やカロリーが違います。

※調整豆乳は飲みやすいように砂糖や食塩が加えられています。


そして、牛乳に含まれる栄養素と豆乳に含まれる栄養素には違いがあるので要チェックです。

牛乳200mlあたりの
栄養成分
無調整豆乳200mlあたりの
栄養成分
タンパク質6.8g8.3g
脂質7.8g7.3g
鉄分0.04mg1.1mg
カルシウム310mg34mg


自分が積極的に取りたいと思っている栄養素が多く含まれている方を選ぶと良さそうですね^^

カロリーが気になるなら豆乳。

カルシムを多く取り入れたいなら牛乳。

みたいな感じで、分けていくといいですね^^

豆乳でミロを作っても、飲みすぎれば太ることもありますので気をつけましょう。


個人的には豆乳で作るミロもおいしいと感じます♪

スポンサーリンク

ミロは太るって本当?カロリーと糖質や牛乳と豆乳で作る違いも紹介

ミロのカロリーは

1杯分15g

  • カロリー:60kcal
  • 糖質:9.8g

牛乳で作った場合

  • カロリー:164kcal
  • 糖質:17.2g

無調整豆乳で作った場合

  • カロリー:145kcal
  • 糖質:12.3g

調整豆乳で作った場合

  • カロリー:147kcal
  • 糖質:13.1g

決してカロリーが低い飲み物ではないので、飲みすぎてしまうと太る可能性は確かにあります。

でも、飲み過ぎには注意しながらミロを上手に取り入れて行きたいですね^^

テキストのコピーはできません。