蚊取り線香をマンションで使う時の注意点!ベランダだと迷惑でご近所トラブルにも発展?

蚊取り線香はマンションで使うとご近所トラブルに?注意点を紹介

夏は太陽が高くて気分も上がる!

良く晴れた日はベランダで日向ぼっこをしたりして、気持ちいいんですよね♪

ただ、蚊が寄ってくるのがどうしても避けられない…。

そこで欠かせないのが蚊取り線香ですが、マンションで使う場合は注意が必要です!

蚊取り線香をマンションのベランダで使うと、ご近所トラブルに発展する可能性も…。

「ご近所トラブルは避けたい、でも蚊取り線香は使いたい」という人のために、今回は

  • 蚊取り線香をマンションで使う時の注意点
  • 蚊取り線香をマンションのベランダで使うとご近所トラブルの元に?
  • 蚊取り線香をマンションで使う場合どこに置く?

3つについてまとめました。

蚊取り線香をマンションで使う時の注意点

蚊取り線香をマンションのベランダでご近所トラブル

蚊取り線香をマンションで使う時の注意点は1つ。

  1. 煙が出ない、無臭タイプの電池式の蚊取り線香を選ぶこと

マンションは集合住宅なので、隣の家との距離が非常に近いです。

蚊取り線香を使うのはベランダや窓を開けているときだと思うのですが、思ったよりも蚊取り線香のニオイは隣近所に届くんですね。

私個人としては蚊取り線香のニオイは嫌いじゃない(むしろ好き)なのですが、香りの好みはひとそれぞれ。

蚊取り線香のニオイを「嫌だな」と思う人がいても不思議ではありません。

もし、自分の嫌なニオイや苦手なニオイがマンションのどこかから漂ってきたら…しんどいですよね^^;

また、蚊取り線香のニオイや煙が洗濯物につくことを嫌がる人も多数います。

蚊取り線香のニオイは夏の風物詩でもありますが、一方で苦手な人もいるということを忘れないでおきましょう。

蚊取り線香を使いたいときは、無臭タイプの煙が出ないタイプを選ぶことが大事。

アースノーマット
¥1,590 (2021/07/18 22:35時点 | Amazon調べ)

電池式なのでベランダで使うのにもぴったり。

昔ながらの蚊取り線香にも、煙が少ないタイプやニオイが控えめなものもあります。

しかし、マンションのベランダは管理規約で「共有部分」になっていることがほとんど。

「共有部分での火気の使用は厳禁」となっているマンションが多いので、火を使う昔ながらの蚊取り線香は使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

蚊取り線香をマンションのベランダで使うとご近所トラブルの元に?

蚊取り線香をマンションのベランダで焚くとご近所トラブルに?

「蚊取り線香をマンションのベランダで使ったことで、注意を受けてしまった」といった相談がインターネットの掲示板に寄せられています。

相談主さんは、洗濯物をベランダで干すときだけ蚊取り線香を使っていました。

すると管理会社から「他の住人から苦情がきているので蚊取り線香はやめてほしい」と注意がきたそうです。

「短時間しか使っていないのに?」と思うかもしれませんが、蚊取り線香のニオイはしばらくその場に残るもの。

蚊取り線香のニオイが苦手な人にとっては、短時間でも耐えられなかったのでしょう。

今回の相談主さんの場合は間に管理会社が入ってくれましたが、人によっては直接苦情を言いにくる人もいます。

マンションはどうしても他の家の人と距離が近いだけに、様々なトラブルが起きやすいです。

マンションで起きる住人トラブルの原因1位は「騒音」ですが、「ニオイ」もここ近年増えてきているそう。

私が以前住んでいたマンションで、夕方になるとお香のニオイがよくしてくることがありました。

しばらくすると一切お香のニオイはしなくなったので、もしかしたら誰かが苦情を入れたのかなと思います。

「何かあれば引っ越せばいい」となるかもしれませんが、せっかく気に入って選んだマンションなら引っ越すことなく住み続けたいですよね。

ご近所トラブルに発展しないようにするためにも、蚊取り線香のニオイや煙は気を付けるに越したことはありません。

スポンサーリンク

蚊取り線香をマンションで使う場合どこに置く?

蚊取り線香

「マンションだと蚊取り線香は諦めるしかないのか…」とがっかりしないでくださいね。

気を付けるポイントは、

  • 窓やベランダの近くといった、風の通り道になるところには置かないこと

蚊取り線香のニオイは風にのって隣近所の部屋にまで漂っていきます。

できるだけ、窓やベランダから離れた場所に置くようにしましょう。

できれば窓は開けないほうがよりニオイに関してはトラブルを防ぐことができますが、閉め切った部屋で蚊取り線香を使うのは危険です。

時々部屋を換気するのを忘れないようにしてくださいね。

関連記事:蚊取り線香は室内で閉め切りだと危険?部屋の中で使う注意点

  • 電池式の蚊取り線香
  • 水性の液体タイプの蚊取り線香

に関しては、基本的には煙が出ないような作り。

あわせて無臭のものを選べばニオイや煙の心配はないので、どこに置いても問題はないと考えられます。

蚊取り線香を買うときに、パッケージに「無臭タイプ」と記載があるものを選びましょう!

スポンサーリンク

蚊取り線香をマンションで使う時の注意点まとめ

蚊取り線香をマンションで使う時の注意点をまとめました。

  • 蚊取り線香をマンションで使う時は、煙の出ない無臭タイプの電池式の蚊取り線香を選ぶことが大事
  • 蚊取り線香をマンションのベランダで使うと、煙やニオイが原因でご近所トラブルに発展することもある
  • マンションで蚊取り線香を使うときは、なるべく窓やベランダから離して置いて使う

蚊対策に有効な蚊取り線香ですが、蚊を退治できてもご近所さんとトラブルになってしまっては大変ですよね。

マンションで蚊取り線香を使う時は、隣近所の人のことも考えて蚊取り線香を選んで使うようにしましょう。

個人的には、夏の風物詩だからちょっとくらいいいんじゃないかな~とも思いますが^^;

みんながお互いのことを思いやって生活できたらいいですよね。

関連記事:蚊取り線香はカブトムシやクワガタには大丈夫?ゴキブリは寄ってくるってホントか調査!

テキストのコピーはできません。