プラムの日持ちは?保存方法は冷蔵庫と冷凍庫どっち?

プラムの日持ちは?冷凍と冷蔵はどちらがおすすめ?

スポンサーリンク

甘酸っぱい味わいと甘い香りが魅力のプラム。

お店に並んでるとついつい手に取ってしまう魅力がありますよね。

そんなプラムの日持ちは、プラムの完熟状態によっても変わります。

完熟しているプラムは日持ちしないので早めに食べないと腐ってしまうことも。

プラムは完熟しているかどうかが保存方法のポイントなんです。


今回は、プラムの日持ちやプラムの保存方法についてまとめました。

スポンサーリンク

プラムの日持ち

プラム

プラムの日持ちは、プラムが完熟しているかどうかで変わります。

完熟しているプラム約2~3日
完熟していないプラム約1週間

完熟しているプラムは日持ちしない

完熟したプラムには以下のような変化が現れます。

  • プラムのヘタの部分がやわらかい
  • 甘い香りがする
  • 皮が赤色に変化する

プラムは酸味のある果物ですが、完熟すると甘い香りが漂ってくるので、完熟の度合いが分かりやすいと思います◎


さわるとやわらかかったり甘い香りがする完熟したプラムは日持ちしません。

果肉がやわらかくなりすぎたり、さらに完熟が進むと腐りはじめます。

完熟したプラムは早めに食べ切りましょう。


ただ、完熟しても皮が緑色の【ケルシー】や黄色の【ホワイトプラム】は、見た目だけでは完熟しているか分からないもの。

完熟具合を見逃さないように、触感やにおいをよくチェックしてくださいね。

完熟していないプラムは日持ちする

プラムは収穫してからも追熟する(熟成がすすむ)果物。

完熟していないプラムは、完熟させるまで置いておけるので日持ちも約1週間と長くなります。


プラムを早く完熟させたいなら常温で置いておきましょう。

その際、乾燥しないように新聞紙で包んでポリ袋に入れておくのがおいしさのコツ。

温度が高すぎる場所だと腐ってしまうので、風通しの良い涼しい場所に置いてください。

プラムの保存方法は冷蔵庫と冷凍庫どちらがおすすめ?

プラム

プラムの保存場所のおすすめはプラムをどう食べたいかによって変わります。

甘酸っぱいプラムを生のまま食べたいなら冷蔵庫、とにかくプラムを日持ちさせたいなら冷凍庫での保存がおすすめです。

プラムを生のまま食べたいなら冷蔵庫がおすすめ

  • 生のプラムのやわらかい果肉を楽しみたい
  • プラムを料理やお菓子作りに活用したい

プラムを生のまま食べたいなら冷蔵庫で保存しましょう。

完熟したプラムなら約1週間、完熟一歩手前のプラムなら約10日間日持ちします(冷蔵庫内でも少しずつプラムは追熟していくため)。


冷蔵庫内は乾燥しやすい場所。

プラムは新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室に入れてください。

野菜室は温度も湿度も低すぎず、プラムの保存に適した場所なんです。


プラム同士が重なっているとその個所から傷んできやすいので、重ならないよう平に並べましょう。

プラムを長期保存したいなら冷凍庫がおすすめ

  • プラムがたくさん余って食べきれない
  • プラムを加工して食べ切りたい

とにかくプラムを日持ちさせたいなら冷凍庫で保存するのがおすすめです。

冷凍庫で保存すれば約1ヶ月日持ちするので、「食べきれないプラムがたくさんある」なんて人にぴったり。


冷凍庫での保存方法でおすすめなのは、プラムを丸ごと冷凍する方法!

  1. プラムを優しく水洗いし、水気をしっかりと拭きとる
  2. 1つずつラップで包み、重ならないようジッパーバッグに入れて冷凍庫で保存

プラムを丸ごと冷凍すると色味が変わりにくいのがメリット。

また、冷凍することで皮と実の間に隙間ができるので、包丁で軽く切れ目を入れてから流水にあてるとスルッと皮がむけます◎


冷凍したプラムは、常温に約10分置けば半解凍状態に。

シャーベットとして楽しめますし、半解凍状態でジャムやコンポートに加工もできますよ!

ジャムやコンポートに加工すればさらにプラムを楽しめますね。


生のプラムの食感を楽しんだあとは、残りはとりあえず冷凍保存する。

プラムを無駄にすることなく、いろいろな食感や味わいを楽しむために保存方法を使い分けましょう。

スポンサーリンク

プラムの日持ちまとめ

  • プラムの日持ちは完熟しているかどうかで変わる
  • 完熟したプラムは約2~3日、完熟していないプラムは約1週間日持ちする
  • 室温が高い場所ではプラムが腐りやすいので注意
  • プラムは冷蔵庫で保存すれば約1週間~10日間日持ちする
  • プラムは冷凍庫で保存すれば約1ヶ月日持ちする

プラムは追熟する果物なので、常温に置いておくとどんどん果肉がやわらかくなっていきます。

完熟前のプラムであれば日持ちしますが、完熟のプラムはそのままだと腐ってしまうのでできるだけ早く食べましょう。

長期保存したいなら冷凍保存がおすすめ。

皮をむかず丸ごと保存できるので手間がかからないのが嬉しいですね^^

食べられる分は生のやわらかい果肉を楽しんで、残りは冷凍して好きなときにジャムやコンポートに加工すればプラムを無駄にすることもありません◎

関連記事:プラムは皮も食べれる?栄養やおすすめのレシピも紹介

テキストのコピーはできません。