ポップコーンの豆が不発になる原因は?不発コーンを食べるのは大丈夫か調査

ポップコーンの豆が不発になる原因は?食べるのは平気?

映画を観るときに欠かせないポップコーン。

ついついつまんじゃうんですよね^^

ただ、ポップコーンを食べてるときにちょっと嫌だな~と思うのは、ガリっと豆を噛んじゃうこと。

ポップコーンの中には必ずといっていいほど、はじけなかった豆が入っています。

ポップコーンの豆が不発になる原因は何なのでしょうか?

不発コーン豆は食べても大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回は、

  • ポップコーンの豆が不発になる原因
  • ポップコーンの不発コーンは食べても大丈夫?
  • ポップコーンをうまくはじけさせるコツ

3つについてまとめました。

ポップコーンの豆が不発になる原因

ポップコーンの豆

ポップコーンにはなぜか必ずといっていいほど入ってるはじけなかった豆。

ポップコーンの豆が不発になる原因は4つ考えられます。

  • ポップコーン豆が熟成していないため
  • ポップコーン豆を入れすぎたため
  • きちんとフタや封ができていないため
  • フライパン調理にある理由:油が足りていないため

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポップコーン豆が熟成していないため

もともとの原材料に原因がある場合。

ポップコーンは、「爆裂種」という種類のトウモロコシを乾燥させたものを使って作ります。

この爆裂種のトウモロコシ=ポップコーン豆が熟成していないと、きちんと皮がはじけずに不発して残ってしまうんですね。

ポップコーン豆を入れすぎたため

「せっかくだからいっぱい作っちゃえ」と、一度に作るときにポップコーン豆を入れすぎてしまうのもNG。

加熱調理しているときに、均等にポップコーンに火が入らずムラが出てしまいます。

火が入りきらなかったポップコーン豆が不発豆になってしまうというわけです。

きちんとフタや封ができていないため

ポップコーンは、加熱されている中で水蒸気が発生することで、豆がはじけやすくなります。

でも、ポップコーンを作る中でフタが開いてたり封がきちんとできていないと、水蒸気が逃げてしまい、不発の豆が出てきてしまうんですね。

フライパン調理にある理由:油が足りていないため

ポップコーンをフライパンや鍋で作った場合に起こる理由。

ポップコーンを作るときに油を入れるのですが、油が足りないとフライパンの熱が上がり切りません。

熱が低いとポップコーン豆の水分だけが出てしまい、はじけないで焦げてしまいます。

豆がはじききらないために、芯が残ったり固い仕上がりになることも。

スポンサーリンク

ポップコーンの不発コーンは食べても大丈夫?

はてな

ポップコーンの不発コーンは、もとはとうもろこしなので食べても問題はありません。

ただ、不発コーンってすごく固いし、中の水分が抜けきってしまっているのでおいしくないんですよね^^;

「不発コーンを食べて歯が欠けた」なんて話もあるくらいです。

不発コーンを食べても体に害はありませんが、固いしおいしくないので食べないほうがいいでしょう。

また、不発コーンは小さい子供が食べると喉に詰まる恐れもあります。

小さい子供がポップコーンを食べるときは、誤って口に入れないように事前に不発コーンはどけておいてください。

スポンサーリンク

ポップコーンをうまくはじけさせるコツ

ポップコーン

ポップコーンを作るなら、できるだけ不発コーンを少なくしたいもの。

ポップコーンはフライパンや鍋を使う方法と、電子レンジを使う方法があります。

手軽に作ることのできるのは電子レンジだけど、不発コーンを少なくするにはフライパン調理のほうがおすすめ!

フライパンで上手にポップコーンをうまくはじけさせるコツを紹介します。

  • 一度に作ることのできる適量を守ること
  • 油は多めに使うこと
  • 一気に温度を上げてはじけさせること

ポップコーンは適量を守って作ろう

先ほどもお話ししましたが、ポップコーン豆の入れすぎはうまくはじけない原因になります。

フライパンでポップコーンを作るときは、フライパンの底にコーン豆を入れて間から隙間が見えるくらいの量が目安。

コーン豆が重なるくらいの量は入れすぎなので減らしましょう。

「こんなちょっとで少なくない?」と思いますが、予想以上にポップコーンになると増えます!

まずは少なめから作るようにするといいですね^^

油は多めに使おう

油はコーン豆が半分ほど浸るくらいたっぷり使うのが、うまくはじけさせるためにも大切。

たっぷりの油を熱することで温度が上がりやすく、はじけやすくなる手伝いをしてくれます。

一気に温度を上げてはじけさせよう

フライパンを火にかけるときは、中火ではなく強めの中火にして、一気に温度を上げましょう。

フライパンで油を熱しても、コーン豆が入ると一時的に温度は下がってしまいます。



温度が低い中でポップコーンを作ると焦げてしまう原因にも。

温度が変わらないように強めの中火で調理すると、ポップコーンはどんどんとはじけますよ◎

ただし、強めの中火は焦げやすいので、絶えずフライパンをゆするのを忘れずに!

スポンサーリンク

ポップコーンの豆が不発になる原因まとめ

  • ポップコーンの豆が不発になるのは、ポップコーン豆の熟成不足・豆の入れすぎ・フタや封ができていなかった・調理の油が少なかったことが原因として考えられる
  • ポップコーンの不発コーンは食べても害はないが、固いしおいしくないので食べないほうがいい
  • ポップコーンをうまくはじけさせるコツは、適量のポップコーン豆を油を多めに入れたフライパンに入れて、強めの中火で調理すること

なぜか絶対に混じってしまうポップコーンの不発コーン。

コツを押さえれば、できるだけ不発コーンを減らしてうまくはじけさせることができます◎

上記の方法を試してもうまくいかないときは、ポップコーン豆の熟成不足が原因かも。

その場合は、ポップコーン豆を冷蔵庫で1ヶ月ほど熟成させてから作ってみてください^^

テキストのコピーはできません。