新じゃがの緑の部分を食べたらどうなる?処理や保存のコツを紹介

新じゃがの緑の部分を食べたら?処理や保存のコツ

スーパーで買ってきた新じゃが。

自宅でしばらく置いておいて久しぶりに食べようとしたら、新じゃがが緑色に変色していることがあります。

緑色に変色した新じゃがには注意が必要です。

新じゃがの緑の部分を食べたら、最悪死亡してしまうこともあります。

緑の部分は買ってきたときはなくても、保存方法によって出てくることも…。


今回は、新じゃがの緑の部分を食べたらどうなるか、新じゃがの保存のコツについてまとめました。

スポンサーリンク

新じゃがの緑の部分を食べたらどうなる?

新じゃが

『じゃがいもの芽にはソラニンという毒がある』というのはわりと有名な話ですが、気をつけなきゃいけないのは芽だけはないんです。

新じゃがの緑の部分には、【ソラニン】【チャコニン】という毒性の成分が含まれています。

ソラニン・チャコニンを含む新じゃがの緑の部分を大量に食べてしまうと、昏睡状態になったり最悪死亡してしまうこともあるんです。

ソラニン・チャコニンは『グリコアルカロイド』と呼ばれる成分のひとつ。

神経に作用する毒性があるのですが、ソラニン・チャコニンの怖いところは加熱調理したとしても毒性は消えないということ。

「新じゃがは生で食べないから大丈夫」なんてことはありません。



ソラニンに関してですが、普通のじゃがいもには100gあたり多くても20㎎しか含まれていないのが、緑色になったじゃがいもには200㎎も含まれています。

10倍の量というのはちょっとびっくりですね…。

体重が50kgの人がソラニンを50㎎(0.05g)摂取すると症状が出ると言われています(参考:厚生労働省)。

ソラニン・チャコニンはまだ成熟していない小さいじゃがいもに多く含まれます。

つまり、完熟する前に収穫する新じゃがにはソラニン・チャコニンが多く含まれるということ。

緑色でないものは食べても害はありませんが、新じゃがで緑色の部分は食べるのは止めましょう。



また、買ってきたときは普通の色だったのに時間が経つと新じゃがが緑色に変化することがあります。

じゃがいもは光に弱いので、光や電球の光にあたるだけでも緑色になってソラニン・チャコニンが多く発生しだします。

このような色が変化してしまった新じゃがについても食べるのは止めておいてくださいね。

スポンサーリンク

新じゃがの緑の部分の処理のコツ

新じゃが

新じゃがの緑の部分が皮にだけ現れているなら、皮を厚めにむけば食べられます。

新じゃがは皮ごと食べられるというのが魅力ではありますが、緑色になってしまったら皮ごと食べるのはNGです。


もし、皮をむいても中も部分まで緑色になってしまっていたら、残念ですがその新じゃがは処分してください。

加熱調理しても毒性は消えないのがソラニン・チャコニンの怖いところですが、最近では『170℃以上の加熱で分解を始める』との報告もあるそうです。

しかし、加熱によって確実なソラニン・チャコニンの減少は期待できないので、加熱したから安心とは思わないようにしましょう。

スポンサーリンク

新じゃがの保存のコツ

新じゃが

新じゃがは水分を多く含んでいるために、普通のじゃがいもに比べて日持ちしません。

新じゃがは買ってきたらできるだけ早めに食べきるようにします。

新じゃが常温保存の方法

上記でもお話ししましたが、じゃがいもは光に弱い食べ物。

直射日光のあたる場所や電球の光があたる場所に置いておくと、新じゃがの緑色化が進んでしまいます。

新聞紙や紙袋で光をさえぎるように包んでから、風通しのいい場所で保存してください。

新じゃがに土がついていると湿気やすくなるので、軽くでいので土は落としておくとより長持ちさせることができます。

新じゃが冷蔵保存の方法

新じゃがは冷蔵庫で保存も可能です。

湿気に弱いので新聞紙にくるむか紙袋に包んでから、冷蔵庫の野菜室で保存します。

新じゃがはマッシュポテトにすれば冷凍できる

マッシュポテト


ちなみに、食べ物を長期間保存するなら冷凍するのが一般的ですが、じゃがいもは冷凍保存には向きません。

じゃがいもは冷凍すると細胞が壊れ、スポンジのような食感になってしまいます。

これは、カレーやシチューなどにじゃがいもを入れたときも同じ。

どうしてもじゃがいもを冷凍したいときは、加熱してからじゃがいもを潰しましょう。

いわゆるマッシュポテトにしたものであれば、約1ヶ月保存することができますよ◎

乾燥とニオイ移りを防ぐために、ぴっちりラップで包んでからジッパー付きの袋にいれてください。

マッシュポテトは、ポテトサラダやポテトグラタンを作るときに使えますし、離乳食にも便利です^^

スポンサーリンク

新じゃがの緑の部分を食べたらどうなる?まとめ

  • 新じゃがの緑の部分には、ソラニン・チャコニンといった神経に作用する毒性の成分が含まれている
  • ソラニン・チャコニンが含まれている新じゃがの緑の部分を食べてしまうと、昏睡状態になったり最悪の場合死亡してしまうこともある
  • 新じゃがの緑の部分が皮だけなら、皮を厚めにむけば食べることもできる
  • 中まで緑色になっている新じゃがは食べない
  • 新じゃがは日光や電球の光があたると緑色に変色して毒性の成分が生まれてしまうので、保存するときは新聞紙や紙袋で光をさえぎって風通しのいい涼しい場所で保存する

新じゃがは完熟する前に収穫することから緑色になりやすく、ソラニン・チャコニンが多く含まれるようになります。

皮ごと食べる機会の多い新じゃがは、必ず調理前に緑色の部分がないか確認するようにしてくださいね。

関連記事:新じゃがは皮むきが必要?洗い方とシーン別簡単皮むき方法も紹介

テキストのコピーはできません。