シミュートの全成分は?有効成分の内容も調査

シミュートの全成分

有効成分が3つ配合された話題の美容クリーム『シミュート

医薬部外品ということで、成分や働きに期待できますよね^^


シミュートは『成分』『保湿力』にこだわって作られているということで、配合されている成分も気になります!

肌が強くない人でも使えるのかも気になるところ。


そこで、今回はシミュートの成分や有効成分の働き、誰でも使えるのか?などについてまとめています。

シミュートの全成分

シミュートの全成分は調査中。

バイオエコリアや10種類のエキスなどが配合されいて、うるうる肌へ導きます

スポンサーリンク

シミュートの有効成分

シミュートは医薬部外品

シミュートは医薬部外品の美容クリーム。

厚生労働省に認可された、3つの有効成分が配合されています。

  1. トラネキサム酸
  2. アルブチン
  3. アスコルビン酸2-グルコシド

トラネキサム酸

トラネキサム酸はシミのもとになるメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する効果が期待できます。

メラニンを作らせないことで、新しいシミをできにくくしてくれるということ。

同時に、美白も期待できると言われています。

※メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぐ

アルブチン

アルブチンはシミのもととなるメラニンを作る『チロシナーゼ』に作用して、メラニンの生成を阻害する働きがあります。

※メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぐ

アスコルビン酸2-グルコシド

アスコルビン酸2-グルコシドは『ビタミンC誘導体』の一種。

シミのもととなるメラニン色素が作られるのをおさえます。



シミュートには美白(メラニンの生成をおさえシミ・そばかすぞ防ぐ)のための有効成分が3つも配合され、3つの方向からアプローチしていきます。

スポンサーリンク

シミュートは6つの無添加

シミュートは肌の負担を減らすために6つの無添加を採用しています。

  1. アルコール
  2. 着色料
  3. パラベン
  4. 香料
  5. 鉱物油
  6. 紫外線吸着剤

肌のトラブルを感じやすい人でも使いやすい内容にはなっていますが全ての方の肌に合うとは限りません

過去に化粧品でトラブルが出たことがある方は、最初は少量から使って様子を見たほうが安心。


万が一、肌にトラブルが出てしまった場合でもシミュートはお届け回数の縛りなしです。

早めに連絡することで定期便を停止したり休止することも可能です。


商品が届いたときに『いつまでに連絡すれば停止できるか』を確認しておくことで、気持ちにも余裕を持って使うことができますね。

スポンサーリンク

シミュートの全成分まとめ

  • シミュートは医薬部外品
  • シミュートには3つの有効成分が入っている
  • 6つの無添加

シミュートを使ったらナチュラルメイクが似合っちゃうようになった!なんて声も。

すっぴんに自信が持てるって誰もが憧れることですよね♪

テキストのコピーはできません。