大豆ミートはおいしくないってほんと?おいしくするコツを紹介!

大豆ミートはおいしくない?おいしくするコツを紹介

高たんぱくでヘルシーな大豆ミート。

大豆ミートをスーパーでも見かけるようになって、気になっている方も多いはず!

でも、大豆ミートはおいしくないものだと思っていませんか?

大豆ミートは工夫をすることでおいしく食べることができるんです♪

今回は大豆ミートをおいしく食べるコツをいくつか紹介します。

「大豆ミートはおいしくない」という考え方が変わるかもしれませんよ^^

大豆ミートはおいしくないってほんと?

独特なにおいがあるために、大豆ミートをおいしくないと感じる人がいるのは本当です。

でも、大豆ミートは調理方法を工夫すればおいしく食べることができるんです◎

逆に、誤った調理方法だと大豆ミートがおいしくないと感じてしまうかもしれません…

大豆ミートをおいしく食べるために、気を付けるポイントをチェックしておきましょう!

大豆ミートの湯戻しと水洗いの方法に注意!

大豆ミートがおいしくないと思われる一つの原因は下処理不足にあります。

大豆ミートを調理するにあたっては、湯戻しと水洗いの方法に注意が必要です。

大豆ミートは、下処理次第で独特なにおいが軽減することができます!

湯戻しと水洗いをおろそかにすると、どんなに味付けを頑張ってもおいしくならない可能性が。

正しい手順で下処理できるように、やり方をもういちど確認しておきましょう!

湯戻しと水洗いの手順
①たっぷりのお湯に大豆ミートを入れ弱火で煮る

ポイントは大きめの鍋を使って、たっぷりのお湯で戻すことです!
強火だと大豆ミートの形が崩れて、この後調理しにくくなります。

湯切りして、ボールの中で大豆ミートを優しくもみ洗いする

ボールの中の水を3回程度換えながら、ここで丁寧に洗います。
水が濁らなくなるまでが目安です。

最後に、大豆ミートをぎゅっと絞る

しっかり絞らないと、調理しても水っぽさが気になる大豆ミートになります。
大豆ミート特有のにおいもぎゅっと絞ることで軽減されますよ。

大豆ミートはお肉よりもおいしい?

動物性のお肉の代わりに使われることが多い大豆ミートは、どうしてもお肉と味を比べられます。

でも場合によっては、動物性のお肉よりもおいしく食べることができます!

動物性のお肉は冷えると脂が固まります。

味はもちろん、見た目も悪くなってしまいますよね…

その点、大豆ミートは脂が固まることもなく、冷えてもおいしく食べられます。

夏場は特にお肉の傷みも気になりますが、大豆ミートはお肉よりも傷みにくい食材です。

大豆ミートはお肉よりおいしくないと思われがちですが、お弁当に入れるのはお肉よりも大豆ミートのほうが適しているかもしれません!

また、「お肉の脂がきつい…」なんてことはありませんか?

「一口目は美味しかったのに、なんだか脂がしんどくなってきて全部食べきれそうにない…」

私は何度かこのような経験があります^^;

でも、大豆ミートは脂がしんどいと感じる方でも大丈夫です。

大豆ミートの料理はあっさりしているので、重たさを感じることなく最後まで料理が楽しめますよ^^

スポンサーリンク

大豆ミートをおいしく食べるには味付けが重要

大豆ミートはおいしくないと思われている方は、味付けにも一工夫!

大豆ミートは、味付けをしっかりすることでおいしく食べられます。

味付けをしっかりしないと独特のにおいが気になって、大豆ミートはおいしくないです^^;

今回は大豆ミートをおいしく食べるための料理の例をいくつかご紹介します!

中華料理

油を大量に使う中華料理も、お肉の代わりに大豆ミートを使えば重たくならないです。

比較的濃い味付けの中華料理に大豆ミートが大活躍です!

例:麻婆豆腐、麻婆茄子、チンジャオロース

多国籍料理・エスニック料理

ハーブやスパイスを効かせた料理だと、大豆ミートのにおいが気にならなくなります。

カロリーが高くなりがちの料理ですが、大豆ミートを使うことで罪悪感なく食べられますね!

例:カレー、タコライス、ガパオライス

麺料理などのトッピング

ミンチタイプの大豆ミートは味が馴染みやすいです。

しっかり味付けしてそぼろ状にしておくと、いろんな料理のトッピングに使えて便利です。

例:ラーメン、ミートスパゲッティ、担々麺

においが嫌ならミンチタイプを使おう

大豆ミートは、大きく分けて

  • ミンチタイプ、
  • ブロックタイプ
  • フィレタイプ

3種類があります。

柔らかい肉のような食感が魅力的なブロックタイプとフィレタイプですが、においはミンチタイプよりも感じやすいようです。

ミンチタイプは表面積が大きくなる分、味が染み込みやすいです。

また、湯戻しした時の水分もしっかり切りやすいので、ブロックやフィレタイプよりもにおいを取り除くことができます。

「大豆ミートはおいしくない!くさみがどうしても苦手!でも料理に取り入れたい!」という方はミンチタイプを購入してみましょう◎

下味をつけて冷凍しよう

味付け方法の一つとして、下味をつけて冷凍で保存することもおすすめです!

この方法だと、味がしっかり大豆ミートに馴染んで、大豆ミート特有のにおいも感じにくくなります。

これなら大豆ミートをおいしくないと思っている方も試しやすいですね。

解凍後は味付け作業なしで調理できるので、時短料理にもなりますよ。

時間があるときに下味をつけて冷凍しておきましょう!

大豆ミートの冷凍方法についてはこちらで紹介しています。

スポンサーリンク

大豆ミートはおいしくないってほんと?おいしくするコツは味付け!まとめ

  • 大豆ミートに独特なにおいがあることは事実。
  • 調理方法を工夫すれば、おいしく食べられる
  • 湯戻しと水洗いを丁寧に行うこと
  • 味付けはしっかりめにしよう
  • においが嫌ならミンチタイプを使おう
  • 下味をつけて冷凍するワザも有効

大豆ミートは調理方法次第で、おいしく食べられます!

「大豆ミートはおいしくない…」と大豆ミート料理を断念した方も、味付けなど工夫してみてくださいね◎

テキストのコピーはできません。