流せるトイレブラシは本体が汚い?洗い方を紹介!

流せるトイレブラシは汚い?本体の洗い方

流せるトイレブラシは、掃除のたびに先端のブラシ部分が取りかえられるのでとても便利^^

ですが、取りかえられるとはいえ「流せるトイレブラシの本体は汚いのでは?」と不安に思いますよね。

衛生面が気になって流せるトイレブラシにしたいのに、本体が汚いとあまり意味がないものです^^;

毎日気持ちよくトイレ掃除をするためにも、流せるトイレブラシの本体の洗い方があるのなら知っておきたいですよね。

そこで、今回は流せるトイレブラシの本体は汚いのか、洗い方はあるのかについてを調査しました!

流せるトイレブラシの本体が汚い?

流せるトイレブラシ本体は汚い

結論から言うと、流せるトイレブラシの本体は汚いです。

掃除の際に先端のブラシ部分だけでなく流せるトイレブラシの柄が水に浸かるため、どうしても本体が汚れてしまいます。

トイレをキレイにするための流せるトイレブラシの本体が汚いなんて、なんだかイヤですよね…

ブラシ部分が取りかえられるので普通のトイレブラシとくらべると衛生的ですが、本体が便器の水に浸かってることを忘れてはいけません。

目に見えた汚れはついていなくても、掃除中の便器の水に触れていたと考えたらかなり汚いものです。

衛生的に流せるトイレブラシを使っていくなら、本体の掃除も欠かすことはできませんね^^;

スポンサーリンク

流せるトイレブラシを使うデメリット

流せるトイレブラシは本体が汚いという以外にも

  • 先端の取りかえ部分のコストがかかる
  • ブラシ部分を流すとトイレが詰まるおそれがある
  • ブラシ部分が取れたりふやけたりすることもある

などのデメリットがあります。

その理由をくわしく見ていきたいと思います!

先端のブラシ部分のコストがかかる

流せるトイレブラシは、掃除のたびに先端のブラシ部分を取りかえるため、その分コストがかかります。

普通のトイレブラシであれば次の買い換えまでコストはかかりませんが、流せるトイレブラシは使い捨てのブラシ部分を買わないといけないので継続的にお金がかかるのです。

「掃除の回数を減らしてブラシ部分を節約すれば…」なんて思っても、ケチったらトイレが不衛生になってしまうので無理ですよ><

また、普通のトイレブラシであればちょっとした汚れがついたときでも簡単に掃除できますが、流せるトイレブラシの場合は新しいブラシを取りつけないといけません。

ちょっとした掃除のときでもブラシをまるごと1つ使ってすぐ捨てるとなると、なんかもったいない気がしますよね…

ブラシ部分を流すとトイレが詰まるおそれがある

流せるトイレブラシのメリットに「ブラシ部分を流せる!」というものがあり、普通であればそう簡単に詰まることはありません。

しかし最近のトイレは節水タイプのものが多く、流したときの水量が少ないので詰まってしまう可能性が少なくないのです。

基本的にブラシ部分は詰まらないように作られていますが、詰まるリスクがあるということを覚えておきたいですね。

関連記事:使い捨てトイレブラシは詰まる?流すときの注意点を要チェック!

ブラシ部分が取れたりふやけたりすることもある

流せるトイレブラシは、先端のブラシ部分は取りかえ可能な作りになっていますが、その分強く力をこめるとガタガタと動いてしまいます。

そのため、ガンコな汚れを落とそうと力をこめたらブラシ部分が動いたり、取れてしまったりすることがあるのです。

また、便器全体の汚れを落とそうと時間をかけて掃除していたらブラシ部分がふやけてしまうことも…

しっかり掃除してキレイにしたいのに、ブラシ部分が取れたりふやけたりするのは困ってしまいますよね><


とはいえ、使い捨てできて普通のトイレブラシよりは洗う手間が少ない『流せるトイレブラシ』

注意点を守り、本体をきれいに洗って使っていけば、メリットも多いです^^

スポンサーリンク

流せるトイレブラシの洗い方を紹介

ポイント

流せるトイレブラシの本体の洗い方は、

  1. トイレ掃除が終わったあと、使用済みのブラシ部分を外す
  2. 本体だけを流水にさらし、軽く洗う
  3. 洗い終わったらサッと拭き、除菌スプレーを吹きかける

たったコレだけでOK!

普通のトイレブラシであればブラシ部分を洗うのが手間ですし、触れるのも少し抵抗があるものですが、流せるトイレブラシの本体だけであれば洗い方もとても簡単です♪

サッと流して除菌スプレーをふりかけるだけなので、毎日の掃除のあとにやっても手間ではありませんよね^^

また、どうしても汚れが気になるときや月に1回は、漂白剤などにつけおきしてしっかりと洗浄するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ:流せるトイレブラシは本体も洗って清潔に

今回は流せるトイレブラシの本体は汚いのか、洗い方はあるのかについてを調査しました。

今回の内容を簡単にまとめると…、

  • 流せるトイレブラシの本体は、掃除の際に便器の水に使っているため汚い
  • 流せるトイレブラシは、先端のブラシ部分のコストがかかる
  • ブラシ部分を流すとトイレが詰まるおそれがある
  • ブラシ部分が取れたりふやけたりすることもある
  • 流せるトイレブラシは本体を軽く水で洗い、除菌スプレーを吹きかければOK

毎日快適にトイレ掃除をするためにも、流せるトイレブラシの本体はキレイに洗って清潔にしておきたいですよね◎

関連記事:トイレの黄ばみはメラミンスポンジで落ちる?注意点も!

テキストのコピーはできません。