シャトレーゼとヤツドキの違いはなに?ケーキの画像や店舗情報も

シャトレーゼとヤツレンの違いは?

2019年9月19日に銀座に一号店がオープンした「YATSUDOKI(ヤツドキ)銀座7丁目店」

シャトレーゼの新しいブランドとして東京や大阪、今後は名古屋や札幌などにも出店予定のスイーツ店です。


ヤツドキはシャトレーゼの新しいブランドということですが、違いは何なのでしょうか!?

今回はヤツドキとシャトレーゼの違いを調べてみました。

シャトレーゼとヤツドキの違い

ヤツドキはシャトレーゼの都心型高級路線スイーツのブランドとして生まれました。

シャトレーゼとの一番の違いは「都心型店舗」で「高級路線」というところ。

シャトレーゼは今まで、郊外を中心に店舗を展開してきています。

商品は安くておいしいと話題になることも多く、雑誌やテレビなどでも特集がくまれることもありますよね。


それに対してヤツドキは銀座や白金などの一等地に店舗を構えています。

大阪では駅ビルなど電車でのアクセスがいい土地に出店していましたよ!

販売している商品は「八ヶ岳山麓の素材」を使い高級店にも負けない品質。

本物のおいしさを追求し、商品開発されています。


シャトレーゼのプレミアムラインなので、価格も高めに設定

  • いちごショートケーキ:540円(税抜)
  • 産みたて卵からつくったプリンアラモード:450円(税抜)
  • しぼりたて牛乳のカスタードシュー:250円(税抜)
  • うみたて卵のプリン:250円(税抜)
  • 国産和栗のモンブラン:510円(税抜)
  • 青森県産ふじりんご使用アップルパイ:370円(税抜)


一般的なケーキ屋さんと同じくらいかちょっとだけ高い感じ。


ヤツドキは激戦区に出店して、他のブランドスイーツやっていけるほど味に自信があったから、あえて一等地に店舗を出店しているんですって(゚д゚)


ヤツドキではシャトレーゼで人気の低糖質スイーツやチョコバッキーなどのアイスも販売されています。

ヤツドキ
シャトレーゼ
  • 高級路線のスイーツ店
  • 都心型店舗
  • カフェがある店舗も
  • シャトレーゼの低糖質スイーツなども買える
  • コスパ高いスイーツ店
  • 郊外型店舗
  • 低糖質スイーツやチョコバッキーなど人気商品が多い

自由が丘店はカフェが併設

ヤツドキ自由が丘店にはカフェが併設されていて、フレンチトーストやパスタなどを食べることができます。

一部の店舗ではイートインも可能となっています!

ヤツドキのスイーツ売れ筋ベスト3

シャトレーゼのケーキやお菓子もおいしいんですが、ヤツドキのケーキや焼き菓子なども見た目からかなりおいしそう♪


スイーツの売れ筋ベスト3は・・・

1位:アップルパイ

2位:しぼりたて牛乳のカスタードシュー

テキストのコピーはできません。