アーモンドプードルの使い道は?役割についても調査

アーモンドプードルの使い道!入れる意味や役割について

スポンサーリンク

お菓子作りのレシピを見ていると度々出てくるアーモンドプードルの文字。

アーモンドを粉末状にしたものなのですが、お菓子作りに使うとアーモンドの風味やコクを足してくれ、また独特の食感を生み出します。

まさにお菓子作りに欠かせない食材ですね。

だけど、一度に使う量は少ないのでどうしても余りがちです。

そんなとき知りたいのはアーモンドプードルの使い道。

アーモンドプードルを上手に使っておいしいお菓子が作れたらいいですよね。


そこで今回は、アーモンドプードルの使い道やアーモンドプードルの役割についてまとめました。

アーモンドプードルの使い道は?どんなときに使う?

アーモンドプードル

アーモンドプードルの使い道で最も多いのはお菓子作りです。

どんなときにアーモンドプードルを使うのか、具体例を紹介します。

クッキー

クッキ-はサクサクとした食感がポイント。

粉を混ぜるときに粘りのもととなるグルテンが出ないように練らないのが大事なのですが、どうしても多少のグルテンが出てしまいます。

そこで、薄力粉の1/3~1/2をアーモンドプードルに代えるとグルテンの量が減り、サクサクの軽い食感のクッキーに仕上がります。

クッキーのレシピによってはアーモンドプードル100%で作るものも。

フィナンシェ

アーモンドプードルを使った焼き菓子の代表的なものといえばフィナンシェ。

フィナンシェにアーモンドプードルを使うと、生地表面のサクッとした歯ごたえと中のしっとりコク深い味わいの両方が味わえます。

マカロン

淡い色味を出したいマカロンには皮をむいたアーモンドプードルを使いましょう。

アーモンドプードルをマカロンに使うと生地だけ食べてもおいしいように深いコクと風味を出してくれます。

また、きれいなツヤとマカロンに欠かせないピエ(周りのフリル)が出やすくなるので、見た目にもこだわりたいマカロンにはアーモンドプードルは欠かせません。

タルト

しっかりと焼き込むタルトにアーモンドプードルを使うと、時間が経ってもサクサクした食感を保てます。

おいしいタルトは上のトッピングだけでなく、土台にもしっかりと味がついているもの。

アーモンドのコクや風味も加わるので、土台に使うと一体感が出てタルト全体がおいしくなりますよ。

スポンサーリンク

アーモンドプードルの役割

アーモンドプードル

アーモンドプードルの役割は主に3つ。

風味やコクを出す

香ばしい風味を持つアーモンドを粉末にしたアーモンドプードル。

アーモンドプードルをお菓子作りや料理に使うと、香ばしい風味や深いコクを出すことができます。

アーモンドプードルには皮付きアーモンドを粉末にしたものと皮をむいたアーモンドを粉末にしたものの2種類ありますが、皮つきのほうがより香ばしさがアップします。

皮の分濃い焼き色もつきますが、焼き上がりの色味を気にしないフィナンシェなどに皮付きのアーモンドプードルを使うのはおすすめ^^

皮をむいたアーモンドプードルも、使用前に170℃に熱したオーブンで7~8分ほど空焚きすることで香ばしさをプラスできますよ。

独特の食感を出す

アーモンドが原料のアーモンドプードルにはグルテンが含まれていません。

小麦粉だと水で練ったときにグルテンが発生し生地に多少の粘りが出てしまいますが、アーモンドプードルを使うとグルテンがないために生地がサクサクに仕上がります。

サクサクの軽い食感に仕上げたいクッキーにアーモンドプードルはぴったりなんです。


また、アーモンド由来の脂分のおかげで生地がしっとりと仕上がるのも特徴。

パウンドケーキやマフィンにアーモンドプードルを使うと、時間が経ってもパサつきのないなめらかな口当たりが楽しめますよ。

糖質オフ

100gあたりの糖質量
アーモンドプードル10.8g
薄力粉73.3g

アーモンドプードルは100gあたりの糖質量が10.8gしかありません。

そのためお菓子作りやパン作りで薄力粉の代用として使うと大幅に糖質カットができます。

低糖質の食材にありがちな独特のクセもなく使いやすいのが嬉しいですね◎

スポンサーリンク

アーモンドプードルを大量消費できるレシピ

アーモンドプードルを大量消費できるレシピ

アーモンドプードルを大量消費できるレシピを3つ紹介します。

どれも簡単に作れるので自宅に残っているアーモンドプードルがあればぜひ作ってみてくださいね。

アーモンドプードルのパウンドケーキ

Cpicon 贅沢な アーモンドプードルケーキ by BUTTON3

アーモンドプードルをたっぷり使った風味豊かなパウンドケーキです。

材料を順に混ぜていくだけなので作るのも簡単。

焼きたてもおいしいですが、一晩おいて味をなじませるとよりしっとりしておいしくなりますよ。

クッキー

Cpicon サクサク✿大量アーモンドプードルクッキー by かずちゃん。

普通のクッキーよりもアーモンドプードルの割合が多いレシピです。

アーモンドのコクがしっかりあるのでトッピングは無しでもいいですが、お好みでチョコチップやナッツを入れても◎

焼きたてはやわらかいので触らずに、粗熱が取れるまで天板の上でしっかり冷ましてくださいね。

フィナンシェ

Cpicon 簡単♪『基本のフィナンシェ』 by らぶりぃめい

難しいイメージのあるフィナンシェですが、焦がしバターさえ用意すればあとは混ぜるだけで作れます。

フィナンシェの型がなくても手持ちの型で大丈夫!

焼きたてのさっくり食感を楽しんだあとは、時間を置いてよりしっとりした生地を味わえます。

スポンサーリンク

アーモンドプードルの使い道や役割まとめ

  • アーモンドプードルの役割は、風味やコクを出すこと・独特の食感を出すこと・糖質オフの3つ
  • アーモンドプードルはクッキーやフィナンシェといった焼き菓子に使うのがおすすめ

アーモンドプードルはサクッと軽い食感やしっとりした食感、また深いコクや風味を出してくれます。

使い道に迷うかもしれませんが、いつものお菓子作りで3/1~2/1をアーモンドプードルに置き換えるだけでOK。

特に、クッキーは簡単にサクサクの食感になるのでぜひ作ってっみてくださいね!

関連記事:アーモンドプードルの開封後の保存方法は?未開封の賞味期限切れでも食べられるか調査

テキストのコピーはできません。