缶詰はなぜ腐らないの?長期保存できる理由を調査!

缶詰が腐らない理由や長期保存の秘密

缶詰は常温で長期保存できることから、非常食にぴったり。

最近では非常食にするだけではもったいない、ケーキの缶詰や卵焼きの缶詰なんてものもあります。

「缶詰にできないものはないのでは?」というくらい缶詰は進化していますが、ここで1つ疑問が浮かびます。

それは「缶詰はなぜ腐らないの?」ということ。

ケーキや卵もどちらも腐りやすい食べ物なのに、どうして何年間も腐らないで長期保存できるのでしょうか?

疑問にお答えするために、缶詰が長期保存できるのはなぜなのか理由を調べました。

  • 缶詰が腐らない理由は製造工程にあった!
  • 114年間もの間長期保存された缶詰があった話

2つについてまとめたので、詳しく見ていきましょう。

缶詰が腐らない理由は製造工程にあった!

缶詰が腐らない理由

缶詰がなぜ腐らないのか、その理由は缶詰を作る製造工程にあります。

そもそも食べ物が腐る原因は、「空気中にいる細菌が食べ物について繁殖するから」なんですね。

細菌はどこにでもいますので、普通に作った食べ物については腐るのは避けられません。

ここで缶詰の製造工程を見てみましょう。

  1. 缶詰に詰める原材料をきれいに洗浄したあと調理する
  2. 調理されたものを缶に詰めていく
  3. 中の空気を取り除く
  4. 缶を密封して、真空状態にする
  5. 缶ごと加熱殺菌する

ポイントは③「中の空気を取り除く」ことと、⑤「缶ごと加熱殺菌する」ことです。

  • 中の空気を取り除く⇒缶の変形を防ぐ・缶内部が腐食することを防ぐため
  • 缶ごと加熱殺菌する⇒殺菌して缶の内部を無菌状態にするため


缶詰は2段階に分けて、缶の内部をきれいにしています。

特に大事なのが缶ごと加熱殺菌すること。

食べ物が腐る原因である菌を、いない状態にしているんですね。

変な話「腐りたくても腐れない」というわけです。

「缶詰は保存料をたくさん使っているから腐らないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれないが、それは間違いです。

腐る原因がないので、保存料を使う必要もないというわけです。

「缶詰っておいしいけど、なんだか体に悪そう…」なんてイメージを持っていたらもったいないかもしれませんね。

ケーキや卵焼きなど、傷みやすいものも缶詰にできるというのはすごいことですよね。

非常時に馴染みのある食べ物が食べられるのはかなり心にゆとりを与えてくれるのではないでしょうか。

缶詰を長期保存させるには、缶詰の保管方法が大事

「腐る原因がないので、腐ることはない」とされている缶詰ですが、保管方法によっては腐ることもあるんです。

缶詰の中身はずっと腐ることはありません。

しかし、外側の缶の部分は保管場所や保管方法によっては腐敗して穴が開いたりすることもあります。

そうなると、外から細菌が缶詰の内部に入ってきて缶詰を腐らせてしまいます。

そうならないためにも、

×直射日光が当たる場所

×高温多湿の場所

には缶詰は保管しないようにしましょう。

スポンサーリンク

114年間もの間長期保存された缶詰があった話

缶詰

114年間もの間保存されていた缶詰を食べたという記録が残っています。

1938年のイギリスの出来事で、北極観察隊員が食べるために用意されていた肉や野菜の缶詰だったそう。

しかも、食べた結果味や匂いに異常はなく、問題なく食べることができたというから驚きです…!

理論上缶詰は腐ることはないと分かっていても、100年越えの缶詰を食べるのは勇気がいりますよね^^;

それにしても、114年間もの間缶詰を適切に保存できていたというのもすごいですよね。

関連記事:缶詰は賞味期限切れでも4年は食べられるってホント?保存期間を調査

缶詰の賞味期限は過ぎてもおいしく食べられる

缶詰は「おいしく食べられる期限」である賞味期限が記載されています。

この賞味期限は「安心安全に食べてもらうため」に、実際の期限よりかなり早めに決められていることがほとんどなんだそう。

だから実際は、賞味期限が過ぎてもまだまだおいしく食べられるというわけです。

賞味期限が切れたからと言ってすぐに缶詰を捨ててしまうのはもったいないかもしれません。

「賞味期限が切れた缶詰をそのまま食べるのはちょっと…」という人は、加熱調理をしてから食べるといいですね。

ただし、賞味期限が切れても食べても問題ないのは「きちんと保管されていた缶詰」だけなので、保管場所に不安があった缶詰は食べないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

缶詰はなぜ腐らないのか?理由まとめ

缶詰がなぜ腐らないのか理由をまとめました。

  • 缶詰が腐らないのは、製造工程で加熱殺菌をすることで、食べ物が腐る原因である菌がいない状態にしているから
  • 缶詰は直射日光・高温多湿を避けて保管しないと、缶が腐敗して缶詰の中身に影響が出て腐ることがあるので注意
  • 缶詰は賞味期限が過ぎてもおいしく食べることができる

缶詰が腐らないのは、製造工程で腐る原因である細菌をきちんと殺菌しているからなんですね。

最近の缶詰は、収穫したての新鮮な材料をすぐに調理して缶詰に詰めています。

保存料も使われていないことから、缶詰は実は体にいい食べ物だということが分かってきました。

長期保存もできてバリエーション豊かな缶詰を、毎日の食事に取り入れない理由はありませんね◎

私もいくつか缶詰を調達しに行こうと思います^^

関連記事:缶詰の変わり種商品がすごい!おすすめ缶10選!

テキストのコピーはできません。