クッキー生地がまとまらない!ベタベタボロボロするときの対処法

クッキー生地がまとまらない!ボロボロベタベタになる時の対処法

クッキーは少ない材料で手軽に作ることができるので、手作りお菓子の入門としてはぴったり。

しかし、クッキーを手作りした人からは

「クッキー生地がまとまらなくてベタベタする」

「クッキー生地がまとまらなくていつまでもボロボロする」なんて声もよく聞こえます。

そこで今回は

  • クッキー生地がまとまらない原因
  • クッキー生地がベタベタでまとまらない時の対処法
  • クッキー生地がボロボロでまとまらない時の対処法

についてまとめました。

クッキー生地がまとまらない原因

クッキ-生地がまとまらない原因

クッキー生地がまとまらないと、きれいな型抜きも包丁でカットすることもできず困りますよね。


クッキー生地がまとまらない場合に考えられる原因は3つ。

  • 材料に問題がある場合
  • 材料の計量に問題がある場合
  • 作る工程に問題がある場合

それぞれ詳しく見ていきましょう。

材料に問題がある場合

一般的によくあるクッキーのレシピでは、材料は薄力粉・砂糖・バター・卵です。

さらにベーキングパウダーを入れるレシピもありますし、卵やバターを使わないレシピもありますね。

例えばレシピにグラニュー糖と記載があったのに上白糖を使ってはいませんか?

上白糖はグラニュー糖に比べて湿気やすくまた粒子も荒いので生地になじみにくいです。

上白糖ではクッキーが作れないなんてことはありませんが、お菓子作り初心者の方は慣れるまではグラニュー糖を使うほうがいいでしょう。

またバターの代わりにサラダ油や太白ごま油を使用するレシピもありますが、液状の油ですと生地になじみにくいので扱うのが難しくなります。

材料の計量に問題がある場合

クッキー作りに限ったことではありませんが、お菓子作りを成功させるコツは何はともあれ計量をきちんとすることです!

少しくらい多くても/少なくても大丈夫だろうと計量をおろそかにしてしまうと、その後の作業もやりにくし仕上がりも残念なものに…。

全ての材料をまず先に計っておくと作業の手を止めることもなく楽ですよ◎

作る工程に問題がある場合

クッキー生地がまとまらない!

クッキーは材料を順に混ぜ合わせていくのですが、1つ1つの作業に問題はありませんでしたか?

  • バターの固さ
  • 卵の加え方

例えばバターの固さ。

クッキーの生地作りではまず柔らかくしたバターに順に材料を加えていきますが、バターが固いままだとその後に加える材料となじまなくなりまとまらない原因に。

反対に柔らかくしようとしてバターを電子レンジにかけることもありますが、温めすぎてバターを液状にしてしまった場合も同じく生地がまとまらない原因になります。

バターを使うときのポイント

バターは常温に戻しておく!

指が軽くスッと入るくらいの柔らかさが目安です。


次に、卵を加えるレシピでよくある失敗が卵を一度に一気に入れてしまうこと。

卵を一度に入れると先にボウルに入っていたバターとうまく混ざらず分離してしまいます。

卵を加えるときのポイント

卵は面倒でも少しずつ入れる!

卵を入れたらしっかり混ぜる→混ざったらまた少しずつ入れるを繰り返しましょう。

スポンサーリンク

クッキー生地がベタベタでまとまらない時の対処法

クッキー生地がまとまらない時の対処法

クッキー生地がベタベタして一向にまとまらないと焦ってしまいますよね。

ベタベタしてまとまらない場合は作業をしている間に生地がだれてバターが溶けたからかもしれません。

生地を冷蔵庫に入れて30分ほど休ませることで、溶けたバターが再度固まりまとまることがあります

生地を休ませてもまだベタベタする場合は、薄力粉を少しずつ加えてみてください。

一度に大量に入れると今度はボロボロとして作業しにくくなったり出来上がりが粉っぽくなるので、小さじ1杯ほどから様子をみてくださいね。

どうしてもベタベタしたり生地がゆるくて作業しにくい場合は、まとめてラップで包んで冷凍庫に入れて凍らせちゃいましょう。

筒状に凍らせたものをカットして焼けばアイスボックスクッキーになります^^

材料4つで簡単 プレーンアイスボックスクッキー 作り方・レシピ | クラシル (kurashiru.com)

スポンサーリンク

クッキー生地がボロボロでまとまらない時の対処法

クッキー生地がボロボロでまとまらない時の対処法

クッキー生地がボロボロしていつまでもまとまらない場合も、生地を冷蔵庫に30分ほど入れて休ませてみてください。

休ませることで生地の粉と油分と水分がなじんで扱いやすくなります。

また生地の混ぜ合わせが足りないのもボロボロしてまとまらない原因かもしれません。

クッキー生地をポリ袋などに入れて揉んでみてください。

全体的に生地に油分がなじんでまとまりやすくなります。

ここで注意してほしいポイントは、いつまでも揉みすぎないこと。

クッキー生地は触れば触るほど焼き上げたときのサクッとした食感がなくなってしまいます。

どうしてもボロボロしてまとまらない場合は揉むのをやめて牛乳を少しずつ加えてください。

こちらも一度に大量に入れるとまた生地がまとまらなくなってしまうので、小さじ1杯ほどから様子を見てくださいね。

スポンサーリンク

クッキー生地がまとまらない原因と対処法まとめ

クッキー生地がまとまらない原因と対処法をまとめました。

  • クッキー生地がまとまらないときは材料、計量、作業工程に問題がなかったか確認する
  • クッキー生地がベタベタしてまとまらない場合は生地を冷蔵庫で休ませる。どうしてもまとまらない場合は薄力粉を少しずつ加える
  • クッキー生地がボロボロしてまとまらない場合も生地を冷蔵庫で休ませる。どうしてもまとまらない場合は牛乳を少しずつ加える

クッキー生地がまとまらないと失敗したと思ってしまいますが、原因によって対処法があるのでやり直すことが可能です!

クッキー生地は冷凍しておくこともできます。

上手に生地ができたときは、冷凍保存しておくといつでも好きな時に手作りクッキーを楽しむことができておすすめですよ♪


クッキーが生焼けの判断方法は?焼き直し方法も紹介!

テキストのコピーはできません。