クーベルチュールチョコはそのまま食べるとおいしい?市販のチョコとの差を調査

クーベルチュールチョコレートはそのまま食べるの大丈夫?

クーベルチュールチョコレートとは、お菓子作りに使うチョコレート。

バレンタインのときに耳にすることも多いですよね!

でも、クーベルチュールチョコレートって市販のチョコと何が違うんでしょうか?

例えばこのクーベルチュールチョコ、そのまま食べることはできる?

そこで、今回は

  • クーベルチュールチョコはそのまま食べることはできるの?
  • 市販のチョコレートとの違いはなに?

など、そんな疑問にお答えします。

さらに、おいしいクーベルチュールチョコも紹介していきますよ♪

クーベルチュールチョコはそのまま食べるのは大丈夫

クーベルチュールチョコレートはそのまま食べるのは大丈夫

結論から言いますと、クーベルチュールチョコはそのまま食べるのは大丈夫です

クーベルチュールチョコは「お菓子作り専用のチョコじゃないの?」と思いますよね。

そもそもクーベルチュールチョコとは何かというと、チョコレートの中に含まれるカカオバターという成分の含有量が高いものを差します。


国際規格(CODEX国際規格)では「総カカオ固形分35%以上、カカオバターを31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」が義務付けられています。

https://www.cotta.jp/special/event/valentine/chocolate.php#4846


世界ではこのような基準が設けられていますが、日本の中では規定はありません。

カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖などといったチョコレートの基本的な材料で作られているお菓子作り用のチョコレートのことをクーベルチュールチョコレートということもあります。

クーベルチュールチョコを簡単にまとめると、「余計なものが入っていない、カカオバターの純度が高いシンプルで上質なチョコレート」といったところ^^


クーベルチュールチョコレートがお菓子用と言われるのはなぜ?

なぜこのクーベルチュールチョコが「お菓子作り用のチョコレート」と呼ばれているかというと、カカオバターといった油脂分がたくさん含まれていることで滑らかさがあります。

なので、チョコレートのお菓子作りには欠かせないテンパリング(チョコレートを溶かして温度調整すること)がやりやすいのです。

またカカオの風味が強いので、できたお菓子が香りよく、よりおいしいものになるという利点もあります。
以上のことから、クーベルチュールチョコは「お菓子作り用のチョコレート」と呼ばれているんですね♪


クーベルチュールチョコレートはそのまま食べてもおいしい

そんなクーベルチュールチョコですが、シンプルな材料でできている上質なチョコレートですから、もちろんそのまま食べてもおいしいんです

私も以前バレンタインの時期に手作りしようと思ってクーベルチュールチョコを買ってきたことがあります。

たくさん買ってきたのでちょっとだけ味見しようとつまんだのですが、これがまたおいしいんですよね~!

余計なものが入ってないのでカカオそのままの味を楽しめますし、今までに食べたことがない素朴な感じにはまってしまってついつい食べ過ぎてしまったほどです◎

市販のチョコとの違い

市販のチョコレートはそのまま食べてもおいしいように、味付けや加工がされているものがほとんどです。

カカオバターも高価なのでほかの油脂で代用していたり、香料で香りをつけていたり。

なので市販のチョコレートに慣れていると、最初はクーベルチュールチョコを食べて少し驚くかもしれません。

しかし、カカオ本来の味や香りを楽しむのにクーベルチュールチョコはぴったりなので、ぜひ一度そのまま食べてチョコレートを味わってみてください♪

スポンサーリンク

そのまま食べてもおいしいと評判のクーベルチュールチョコ3選!

楽天で買える美味しいクーベルチュールチョコ

ここでは「そのまま食べてもおいしい」と評判のクーベルチュールチョコをご紹介したいと思います。

ベリーズ クーベルチュール ダークチョコレート 52%


原材料は砂糖・カカオマス・カカオバター・香料のみといったシンプルなクーベルチュールチョコです。

香料には天然のバニラビーンズを使用しているので、カカオ本来の風味を邪魔することはありません。

このクーベルチュールチョコレートはカカオ豆の含有率が52%なので、苦すぎることもなくクセもないのでお菓子作りにはもちろんそのまま食べてもおいしいクーベルチュールチョコレートになっています♪

ベリーズクーベル
チュールチョコ
口コミ件数1,497
 (4.5)

エキストラダークチョコレート 70% バンホーテン


ココアで有名なバンホーテンのクーベルチュールチョコです。

こちらはカカオ含有率70%のダークチョコレートで、カカオの華やかな香りがいつまでも口に残るような上品な味わいに仕上がっています。

甘さは弱くすっきりとした味わいで、美容と健康のために食べるのもおすすめです◎

エキストラダークチョコレート 70%
バンホーテン
口コミ件数29件
 (4.5)

ヴァローナ チョコレート フェーブ型 EQUATORIALE NOIRE エクアトリアル ノワール 55%


ヴァローナは世界各地にある契約農園と自社農園でカカオの品質管理をしている、チョコレートのトップブランドです。

こちらはカカオ含有率55%。

バランスの取れたまろやかな甘さはお菓子作りにだけでなく、そのまま食べてもくちどけがよくおいしいと評判です。

一口サイズのフェーブ(コイン状)型なので食べやすいのもいいですね!

ヴァローナ チョコレート
フェーブ型
口コミ件数28件
 (4.5)


今回は楽天で手軽に買うことのできるものを選んでみました。

いろんな味わいのあるクーベルチュールチョコをそのまま食べるもよし、お菓子作りに活用するもよし、いろいろ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

クーベルチュールチョコはそのまま食べるとおいしい?まとめ

クーベルチュールチョコはそのまま食べるとおいしいかどうか、おすすめのクーベルチュールチョコをまとめました。

あまり馴染みのなかったクーベルチュールチョコも、そのまま食べておいしいならぐっと身近な存在になりますよね^^

いろいろな種類のクーベルチュールチョコを試してみて、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね♪


チョコを電子レンジで溶かして失敗!ボロボロは復活できる?

テキストのコピーはできません。