ドームケーキの中身はどうなってる?入れるのにおすすめの食材

ドームケーキ中身は?入れるのにおすすめの食材

スポンサーリンク

コロンとした丸い形がかわいらしいドームケーキ。

クリームに覆われているものが多く、ドームケーキの中身はどうなってるのか気になりますよね。

中身が全く見えないドーム型だからこそ、切ったときにサプライズができるのがドームケーキ。

普段はデコレーションケーキに入れられないものだってドームケーキなら入れることができるんです^^


今回は、ドームケーキの中身はどうなっているのか、ドームケーキの中身におすすめの食材についてまとめました。

スポンサーリンク

ドームケーキの中身はどうなってる?

ドームケーキ

ドームケーキの中身は、スポンジ+フルーツ+生クリームなど。

デコレーションケーキのように、スポンジとフルーツや生クリームを交互に重ねて作るのが基本です。

ただ、ドーム型になっていることで、普通のデコレーションケーキよりも中身が詰められるのがドームケーキの特徴。

せっかくドームケーキを作るなら、いつもはケーキに入れられないものを入れると楽しいですよ♪

ドームケーキの中身におすすめの食材

生クリーム


ドームケーキの中身におすすめなものを3つ紹介します!

  • プリン
  • アイスやムース
  • 丸ごとのフルーツ

プリン

やわらかいプリンを形を崩さずそのまま入れられるのは、ドームケーキならでは。

丸ごとプリンの入ったケーキなんてなかなか売っていないから、盛り上がること間違いなしです。

プリンはトロトロのなめらかタイプではなく、しっかり焼き込まれた固めタイプを選びましょう。

アイスやムース

ドームの器の形を生かして、中にアイスやムースを詰めるのもおすすめ!

ボウルの側面にスポンジを敷き詰めたら、アイスはそのまま、ムースなら液体のものを流し込みます。

それを冷凍庫で冷やし固めればOK。

アイスは市販のものを使用してもいいですし、チョコやナッツなど混ぜ込んでから入れてもいいですね^^


難しそうなイメージのムースですが、ゼラチン液と生クリームを合わせるだけで、冷蔵庫で冷やすだけなので意外に簡単◎

時間があれば2つのムースをドームケーキの中に入れると、より豪華になりますよ。

丸ごとのフルーツ

ケーキには欠かせないフルーツも、丸ごと楽しめるのはドームケーキならでは。

いちごやぶどうはもちろん、いちじくや洋ナシだって丸ごと入れられます◎

切り分けたときに均等にフルーツが分けられるように、丸ごと入れる場合はできるだけ真ん中に詰めてください。


また、栗の甘露煮を丸ごとゴロッと入れてもおいしいですよ^^

スポンサーリンク

ドームケーキが崩れないためのポイント

お菓子作りの刷毛

きれいに作ったドームケーキ、緊張するのはボウルからお皿に中身をひっくり返すときですよね。

お皿に出した途端ドームケーキが崩れるなんて悲しいので、しっかりと崩れないためのポイントを見ていきましょう!

  • ドームケーキの中身は隙間なく詰めること
  • 動物性の生クリーム、できれば脂肪分47%のものを使うこと
  • 冷蔵庫で3時間冷やすこと

ドームケーキの中身は隙間なく詰める

ドームケーキにスポンジやフルーツ、生クリームを詰めていくときは隙間ができないように詰めていきましょう。

隙間があると、ひっくり返したときに支えになる部分がないので崩れてしまいます。


また、フルーツはできるだけ生クリームやスポンジでサンドするのもポイント。

フルーツ同士だと隙間ができやすいので、間を生クリームやスポンジで埋めていくイメージです。

動物性の生クリーム、できれば脂肪分47%のものを使う

ドームケーキに生クリームを使うときは動物性のもの、できれば脂肪分が47%のものを使うのがおすすめです。

というのも、植物性のホイップクリームはやわらかくダレやすいため。

ひっくり返したときにスポンジやフルーツの重さに耐えられず崩れやすいんです。


生クリームを選ぶときは、パッケージの種類別表示が【クリーム】であるか確認しましょう。

また、生クリームは乳脂肪分が高いほどクリームの角がたち、形を保っています。

少し値段は高いですが、脂肪分47%のものを選ぶとドームケーキが崩れにくいですよ◎

冷蔵庫で3時間冷やすこと

中身を詰めたドームケーキは、少なくとも冷蔵庫で3時間は冷やしてください。

生地やクリームが締まってぎゅっと崩れにくくなります。


また、寝かせることで生地とフルーツや生クリームがなじみ、味に一体感が出ておいしくなる効果も!

ドームケーキを作るときは冷蔵庫で冷やす時間も入れて作り始めてくださいね。

ドームケーキを作るときボウルを使う場合の大きさは?

ボウル

ドームケーキを作るときに必要なのがボウル。

どのくらいの大きさで作ればいいのか迷ってしまいますが、最低でも直径が15㎝はあったほうがおすすめです。

ドームケーキはスポンジを敷き詰めてから中身を入れていきます。

大きく見えるボウルでもスポンジを入れたら結構スペースが取られるんですね。

「思ったより中身が入れられない…」なんてこともあるので、最低15㎝は欲しいなと思います。



スポンジを敷き詰める場合は、ボウルの大きさに合わせてスポンジの大きさを決めましょう。

15~17㎝のボウル5号サイズ(15㎝)のスポンジ
18~20㎝のボウル6号サイズ(18㎝)のスポンジ

ただ、敷き詰めるスポンジの厚みやボウルの深さによって、必要なスポンジの量は変わってきます。

余ったとしてもドームケーキの中身として使えるので、スポンジはちょっと多めに用意しておいた方がいいですね◎

スポンサーリンク

ドームケーキの中身はどうなってる?まとめ

ドームケーキの中身は、スポンジ+フルーツ+生クリームが一般的。

デコレーションケーキのように順に重ねていくだけでケーキが完成します。

ただ、せっかくのドーム型のケーキなので、普段はケーキに入れられないものを入れると盛り上がりますよ^^

スポンジ生地がうまく膨らまなかったときのリメイクとしてもドームケーキはおすすめです◎

関連記事:スポンジケーキは冷蔵庫で固くなる?原因と正しい保存方法

テキストのコピーはできません。