生クリームで気持ち悪くなるのはなぜ?胸焼けや胃もたれした時の対処法を調査

生クリームで気持ち悪くなる時の対処法!原因についても

ショートケーキなどのおかしやスイーツによく使われる生クリーム。

とっても甘くておいしいですが、食べすぎると気持ち悪くなってしまうことも。

今すぐなんとかしたいですよね(汗)

そこで、今回は生クリームで気持ち悪くなる原因、そして生クリームで気持ち悪くなった時の対処方法についてご紹介します!

生クリームで気持ち悪くなるのはなんで?

生クリームで気持ち悪くなるのはなぜ?

一言で気持ち悪いといっても、胸焼けや胃もたれ、場合によっては頭痛や息苦しさなどさまざまです。

そのような症状はいったいなぜ起こるのでしょうか。

考えられる原因を3つみていきましょう。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは、かんたんに言い換えると油のことです。

消化しにくい成分のため、長時間胃に残り胃もたれや胸焼けといった症状を起こします。

実はスーパーなどで販売されているお手頃価格のケーキなどに使われている生クリームの油分は、ポテトや菓子パンに含まれているものと同じなのです。

市販のホイップクリームにもトランス脂肪酸が含まれています。

甘くておいしいけど食べすぎには要注意、ということですね。

甘さ

生クリームだけ単体で食べる人も中にはいるかもしれませんが、生クリームが使われているスイーツを食べて気持ち悪くなるパターンが一般的ですよね。

ケーキであればスポンジやいちごなどのフルーツなどが生クリームにプラスされているので、甘さが増しています。

甘さに反応し、体が拒否してしまうことが考えられます。

年齢

昔は夜遅い時間にラーメンやからあげなどの脂っこいものを食べていたのに、最近は食べられなくなった…

このような経験ありませんか^^;?

年齢が若いほど味が濃いものを好む傾向があります。

生まれてからずっと好きな食べものがある方が珍しく、自然な味覚の変化です。

スポンサーリンク

生クリームで胸焼けや胃もたれした時の対処法

生クリームを食べて気持ち悪くなってしまった時の対処法もさまざまです。

4つ紹介していきますので、自分の身体にあった方法を選んでみてくださいね。

飲み物を飲む

生クリームで気持ち悪い時の対処法:飲み物を飲む

生クリームが胃の中に残っていると甘ったるくムカムカします。

残った甘さをかき消すため、白湯などをゆっくり飲んでみましょう。

できれば冷たいものではなく、あったかいものがいいですね。

甘いものを飲んでしまうと逆効果なので、味がしない白湯や水がベストです。

ミント系の食べ物を摂取する

生クリームで気持ち悪くなる時の対処法

ミント系のタブレットやガムなどを食べてみましょう。

ケーキの上にミントが乗っているのを見たことはありませんか?

食べずに残す人もいますが、あのミントは甘いケーキのお口直しのために添えられています。

このことから甘ったるいものを食べて胃もたれや胸焼けをした場合、ミントは効果的なことが分かります。

ミントには清涼感があるので、スッキリした気分になれますよね!

気分もリフレッシュできます◎

ゆっくり休む

生クリームで気持ち悪くなる時の対処法:ゆっくり休む

イスに座ったり横になったり楽な姿勢を取ってみましょう。

正常に胃が動いていれば、いつかは必ず生クリームは消化されます。

それまで激しい運動はせずにゆっくり休んでみてください。

それでも症状が治まらない場合は、胃に何かしらの異常があるか他に原因があるかもしれません。

別の方法を試したり、病院に行くのことも検討してみましょう。

薬を飲む

胃もたれ、胸焼けなど対応する症状に合う薬を飲みましょう。


自宅にある分でまかなうのが怖い場合は、かかりつけの病院に行き相談して薬をもらいましょう。

今では病院ではなく、ドラッグストアでも薬剤師さんがいれば薬の相談をすることができます。

スポンサーリンク

生クリームで気持ち悪くなるのはなぜ?対処法まとめ

生クリームで気持ち悪くなるのは、脂肪分が胃で消化されず残ってしまうためでした。

対処法を紹介しましたが、いつまで経っても治らない場合は、病院で見てもらうことをおすすめします。

生クリームはとってもおいしいですが、食べすぎには要注意です。


テキストのコピーはできません。