ネギの青い部分はどこまで食べられる?捨てる前に活用方法や食べ方をチェック

長ネギの青い部分はどこまで食べられる?

ネギは煮ても焼いてもおいしく、いろんな料理に大活躍します。

ただ、ネギとして使っているのは白い部分のみで、多くの人はネギの青い部分は捨てるのではないでしょうか?

実は、ネギの青い部分は食べられるんです。

捨てるのはもったいないネギの青い部分、いったいどんな風に活用したらいいのか迷いますよね。

そこで今回は、

  • 長ネギの青い部分はどこまで食べられる?
  • 長ネギの青い部分の活用方法や食べ方

2つについてまとめました。

長ネギの青い部分はどこまで食べられる?

長ネギの青い部分は食べられる

結論から申し上げますと、長ネギの青い部分は全て食べられます。

長ネギの白い部分が実、と思っている人もいるかもしれませんが、実は白い部分も青い部分も全て葉っぱ。

土の中に埋まっていた部分が白いままで、土から出て太陽の光を浴びていた部分が青色になるわけです。

「どこからどこまでが可食部」ということはなく、丸ごと食べることができるんですね。

長ネギの青い部分は捨ててしまう人も多いですが、捨てるのはもったいないんです。

実は栄養満点なネギの青い部分

長ネギにはベータカロテンやビタミンCが多く含まれていますが、実は白い部分より青い部分のほうが栄養価が高いと言われているんです。

また、長ネギの青い部分を切ってみるとなんだかぬるぬるとしたものが出てきますが、これは「ムチン」といってオクラやなめこにも含まれている成分。

ムチンはとても体にいい成分で、

  • 疲労回復効果
  • 免疫力向上
  • 胃炎や胃潰瘍の予防
  • ドライアイの予防

など健康にいい効果が期待できます。

白い部分にはない「ムチン」、摂らない手はありませんよね。

でも、「長ネギの青い部分はなんだか固いしどうやって料理に使ったらいいか分からない…」という声も。

次の項目では、長ネギの青い部分の活用方法を紹介します!

スポンサーリンク

長ネギの青い部分の活用方法や食べ方

長ネギの青い部分の食べ方

長ネギの青い部分は、白い部分に比べて香りが強め。

肉を煮込む際に臭み消しとして使うのがおすすめ。

私は、豚の角煮やチャーシューを作るときに、肉を下茹でする際にいつも長ネギの青い部分を入れています。

後から味付けをするので、ネギの味も気になりません。

長ネギの青い部分は冷凍保存しておくと、煮込み料理のときにそのまま鍋にいれるだけでOKなので便利ですよ◎



そして長ネギの青い部分はいろいろな料理に使うことができるんです。

  • チャーハン
  • チヂミ
  • かき揚げ
  • ネギ味噌
  • 炒め物

それぞれ詳しく見ていきましょう。

炒飯

炒飯にネギの白い部分を入れることはよくありますが、青い部分を入れてもおいしく仕上がります。

彩りも良くなるのでおすすめ!

Cpicon ネギの青い部分♪&卵だけ♪炒飯(^^) by 飛んでぶー

チヂミ

チヂミは自宅にある材料で、お好み焼きより手軽に作ることができるのがいいですよね。

イカや豚肉などの具材と合わせてもいいですし、長ネギの青い部分だけをたっぷり使ってもおいしいチヂミができるんですよ◎

Cpicon 長ネギの青いとこだけ♪ by ライオンママ

かき揚げ

長ネギの青い部分と余った野菜で豪華なかき揚げもできちゃいます。

じっくり火を通すことで辛みもぬけて、食感も柔らかくなるので、小さなお子さんでも食べやすくなりますよ^^

Cpicon 長葱の青いとこ&人参のかき揚げ by けろっぴン

ネギ味噌

ご飯がすすんで箸が止まらないネギ味噌も、青い部分で作ると香りよく仕上がります。

ご飯だけでなく、野菜につけても◎

Cpicon 旨い!ねぎの青い部分で万能ねぎ味噌♪ by トイロ*

炒め物

長ネギの青い部分だけで作れる簡単炒め物。

青ネギを大量に消費できるので、青ネギがたまってきた…という人におすすめです。

濃い目の味付けでおつまみにも良さそう^^

Cpicon シンプル☆長ネギの青い部分炒め by なーなちゃん
スポンサーリンク

長ネギの青い部分はどこまで食べられる?まとめ

長ネギの青い部分はどこまで食べられるのか、活用方法についてまとめました。

  • 長ネギは白い部分も青い部分も同じ葉っぱで、丸ごと食べることができる
  • 長ネギの青い部分は白い部分より栄養価が高いと言われており、特に青い部分のぬめりは「ムチン」と言われる体にとても良いとされる成分
  • 長ネギの青い部分は香りが強いので、肉の臭み消しにぴったり
  • 長ネギの青い部分は、加熱することで甘味が増して食感も柔らかくなり食べやすくなる

なんとなく食べられないと思って今まで捨ててきた青い部分ですが、白い部分と同じようにまるごと食べることができます。

田舎では、長ネギは青い部分のほうが好きなんて人も多いんだとか。

栄養価も高いので、食べない手はありませんよね。

長ネギの青い部分はいつもの料理に加えるだけで、彩りも香りもよくしてくれます。

ぜひ青い部分を料理に使ってみてくださいね!


関連記事:しなびた長ネギは復活できる?食べ方や長持ちする保存方法も!

テキストのコピーはできません。