マスクの時はファンデーションを塗らない?メイク方法や崩れにくいファンデを紹介

マスクの時はファンデーションしない?崩れないメイク法とおすすめファンデ!

マスクをしている時、メイクはどうしていますか?

マスクをしていると、せっかく綺麗にベースメイクをしてもファンデーションが崩れてしまうのが気になりますよね。

薄く塗ると肌の悩みがカバーできないし、落ちないようにパウダーもつけると逆にマスクにべったりとついてしまったり…

マスクのせいでファンデーションが崩れて、マスクを外すのが恥ずかしいと思っている方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを解決するために、ファンデーションを塗らない『ノーファンデメイク』の方法を紹介します!

マスクが原因で肌荒れをしてしまう方にもおすすめのメイク方法です。

「ファンデーションを塗らないとカバー力が心配…」と思う方のために、おすすめのファンデーションも紹介します!

マスクの時はファンデーションを塗らないの?おすすめメイク方法

マスクの時はファンデーションを塗らない?おすすめメイク法ノーファンメイクのやり方を紹介

マスクでファンデーションが崩れるのが気になって、ファンデーションを塗らない方もいます。

しかし、最近では完全なすっぴん肌の方は少なく、ファンデーションを塗らない『ノーファンデメイク』をしている方を多く見かけます。

ノーファンデメイクなら、マスクにファンデーションが付く心配もなく、肌を綺麗に見せられます。

ノーファンデメイクには他にもメリットがあるんです!

基本のメイク方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください♪

ノーファンデメイクとは?

その名の通り、ファンデーションを使わずにメイクをすることです。

これだけを聞くと、「すっぴんにアイメイクをしたり、リップを塗るの?」と思われる方もいますよね。

詳しく説明をすると、ノーファンデメイクとは、いつものベースメイクからファンデーションを塗ることだけを抜いたものです。

すっぴんとは違い、あくまでもファンデーションを塗らない、ということです。

ノーファンメイクのメリット
  • 肌への負担が軽減される
  • 朝の時短に繋がる
  • ナチュラルに仕上がる

ノーファンデメイクの方法&ポイント

ノーファンデメイクの順番は『保湿』→『日焼け止め』→『化粧下地』→『コンシーラー』→『フェイスパウダー』の5ステップが基本です。

コンシーラーで隠したいところをカバーしつつ、素肌を活かしたメイクをしましょう。

化粧下地は肌悩みに合わせたアイテムを使うのがおすすめです。

  1. 肌をしっかり保湿する
  2. 日焼け止めを顔全体と首に塗る
  3. 化粧下地を顔全体に丁寧に塗る
  4. コンシーラーで肌悩みをカバー
  5. フェイスパウダーで透明感を出す

1:肌をしっかり保湿する

ノーファンメイクの方法

肌をより綺麗に見せるためには、しっかりと肌を保湿することが大切です。

しっかりとスキンケアをするだけで、メイクノリが格段に変わります。

洗顔後は化粧水で保湿をしてから、クリームで乾燥を防ぐようにしましょう。

目の周りなど、特に乾燥しやすい部分がある方は、その部分だけにツヤのあるバームなどをつけると良いでしょう。

スキンケア直後に日焼け止めや化粧下地を塗ってしまうと、肌の表面に残った水分や油分でヨレてしまうこともあります。

スキンケア後は少し時間をおいてからメイクを始めるのがポイントです。

2:日焼け止めを顔全体と首に塗る

マスクの時はファンデーションを塗らない?

マスクをしていても紫外線対策は必須です!

スキンケアの次は日焼け止めを顔全体と首に塗りましょう。

白浮きが気になる場合は、一度ティッシュで軽く押さえるか、白くならないジェルタイプがおすすめです。

UVケアができる化粧下地であれば、日焼け止めを省略しても大丈夫です。

3:化粧下地を顔全体に丁寧に塗る

ファンデーションを塗らないので、化粧下地は細かい部分まで丁寧に塗ってカバー力を高めてください。

できれば毛穴カバーやトーンアップ効果、テカリ防止など、肌悩みに合わせた機能を持つアイテムがおすすめです。

色味を補正してくれるタイプの化粧下地は、顔全体に塗ってしまうと白浮きしてしまう可能性があります。

顔の中心部分と、赤味やくすみが気になる部分になじませましょう。

4:コンシーラーで肌悩みをカバー

化粧下地で隠しきれなかったでクマやシミを、コンシーラーで隠していきます。

コンシーラーはよれにくいリキッドタイプがおすすめです。

ナチュラルに仕上がるアイテムを使い、境目をぼかすように馴染ませましょう。

気になる部分に薄くつけて、叩くように馴染ませるのがポイントです。

目の周りや小鼻、濃いシミなど、気になる部分にコンシーラーをつけてください。

そばかすや薄いシミはそのままでも大丈夫です。

次のフェイスパウダーで肌をきれいに仕上げます。

5:フェイスパウダーで透明感を出す

マスクの時はファンデーションを塗らない?

フェイスパウダーで仕上げることで、ナチュラルな仕上がりとテカリを防止してくれます。

ブラシを使って塗ると、肌がより綺麗に仕上がります。

余分な粉をオフしてから丁寧に塗っていきましょう。

Tゾーンはブラシを何度か滑らせて、Uゾーンは内側から外側に向かって塗ると毛穴をカバーできます。


以上でノーファンデメイクの完成です♪

スポンサーリンク

マスクの時でも崩れにくいファンデーション!プチプラ3選

マスクの時はファンデーションを塗らない?

ノーファンデメイクの方法を紹介しました。

最初はファンデーションを塗らないことに勇気がいると思いますが、始めてみると自分の素肌の良さに気付くかもしれません。

それでも肌悩みが多くてファンデーションを塗りたい!と思う方のために、マスクの時でも崩れにくいファンデーションを紹介します。

まずはプチプラから紹介!

どのファンデーションもカバー力があるタイプです◎

CLIO キル カバー ファンウェアクッション エックスピー

軽くつけるだけでムラなく、毛穴などの肌悩みをしっかりとカバーしてくれます。

肌にしっかりと密着し、ツヤのある仕上がりに。

カバー力があり、ヨレやクマ、テカリを防止し、塗りたての肌を長時間キープできます。

MAYBELLINE フットミー リキッドファンデーションR

肌にぴったりと密着するカバー力がありながら、セミマットなさらさら素肌感の仕上がりになります。

クレイ由来成分配合で1日中崩れにくく、テカりにくいリキッドファンデーションです。

プチプラでありながら17色展開と、カラーバリエーションが豊富で自分の肌に合った色が見つかるはずです。

REVLON カラーステイ メイクアップ N〉

REVLON独自のロングラスティング処方で、24時間落ちない、崩れないファンデーションです。

クリームタイプのファンデーションのため、ふわっと軽く、肌に均一に伸ばすことができます。

毛穴・色ムラをしっかりとカバーしつつ、ナチュラルなソフトマットな仕上がりに。

スポンサーリンク

マスクの時でも崩れにくいファンデーション!デパコス3選!

続けて、マスクのときでも崩れにくいファンデーションのデパコスのおすすめを3つご紹介します◎

ESTEE LAUDER ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

とにかく崩れにくく、ツヤのある毛穴レスの肌を長時間キープしてくれます。

肌に密着しながらも顔の動きに合わせて伸び、マスクをしても長時間崩れにくいシリコーン中水処方です。

少量で肌悩みをカバーしつつ、素肌感が1日中続きます。

shuuemura アンリミテッド ラスティング フルイド

伸びがいいため少量でも毛穴などをしっかりとカバーしてくれます。

汗や皮脂に強く、セミマットなさらさら素肌が続きます。

薄くて軽いテクスチャーで、長時間つけていても肌が重く感じません。

CLINIQUE イーブン ベター ブライト セラム ファンデーション 20

美容液から誕生したファンデーションで、24時間つけたての美しさと透明感のある肌にしてくれます。

シミ、くすみをカバーし、明るい美肌へ仕上げてくれます。

汗や涙、湿度にも強いウォータープルーフ処方です。

スポンサーリンク

マスクの時でも崩れにくいファンデーション!番外編

マスクのときでも崩れにくいファンデーションは通販限定商品にも。

エクスボーテ ホワイトカバークッション

エクスボーテホワイトカバークッション

エクスボーテホワイトカバークッションはカバー力は程よい感じ。

でもマスクをつけていても崩れにくいのを実感しています。

ウォータープルーフ処方で汗や皮脂にも強め。

ホワイトカバークッションファンデの詳細はこちら

薄付きだけどカバー力も◎LBシームレスファンデーション

ほんのりつけるだけでもカバー力があると話題のプチプラファンデーション。

クッションファンデやクリームファンデが苦手なパウダー派から人気がある商品です。

スポンサーリンク

マスクの時はファンデーションを塗らないのもあり!メイク方法や崩れにくいファンデを紹介まとめ

マスクでファンデーションが崩れるのが気になる方のために、ファンデーションを塗らない『ノーファンデメイク』の方法と、マスクの時でも崩れにくいファンデーションを紹介しました。

ノーファンデメイクなら、ファンデーションを塗らないため肌への負担が少なく、マスクが原因で肌荒れをしてしまう方にもおすすめです。

ファンデーションを塗らないことに勇気がいるノーファンデメイクですが、マスクが手放せない今なら、ノーファンデメイクに挑戦するきっかけになるのではないでしょうか。

ファンデーションを塗らないだけでも肌への負担を軽減でき、ノーファンデメイクを続ければ綺麗な素肌を手に入れる可能性もあります。

ぜひノーファンデメイクを試してみてくださいね。


クッションファンデは雑菌が増えやすい?清潔に使うためのポイントはコレ!

テキストのコピーはできません。