お弁当の唐揚げを前日揚げるのはあり?注意点と詰め方のポイント!

お弁当の唐揚げは前日揚げるのはOK?注意点と詰め方のコツ

毎日のお弁当作り、お疲れ様です!

私も平日は子供の分のお弁当を作っていますが、小さい子供のお弁当でも何入れようって迷いますよね。

お弁当のおかず不動の人気である唐揚げ、入れてほしいって子供から頼まれるんです。

でも、正直朝から唐揚げなんて揚げてられなくないですか?^^;

なので我が家のお弁当は、前日の夜ご飯のおかずに唐揚げを揚げたときだけ、次の日のお弁当に唐揚げが入ります。

お弁当の唐揚げを前日に揚げるの、ありです!

ただ、いくつか注意点と詰め方のポイントもあります。

そこで今回は、

  • お弁当の唐揚げを前日揚げるのはOK
  • お弁当の唐揚げを前日揚げる場合の注意点
  • 前日揚げた唐揚げをお弁当に詰める時のポイント

3つについてまとめました。

お弁当の唐揚げを前日揚げるのはOK

唐揚げ

子供も大人も大好きな唐揚げ、お弁当に入ってると嬉しいですよね^^

我が家の子供も唐揚げが大好き。

なのでできれば毎日入れてあげたいですが、朝から唐揚げを揚げるのは無理です…。

前日まで下ごしらえしておいたとしても、朝から揚げ物はハードルが高すぎて><

そんな時、無理して朝から油を使わなくてもいいんです!

お弁当の唐揚げは前日に揚げたものを詰めても大丈夫、何も問題はありません◎

先ほどもお話ししましたが、わざわざお弁当用に前日揚げなくても、夕飯の残りの唐揚げだってもちろんOKですよ^^

ただ、お弁当に入れる唐揚げって、詰めてから食べるまでに時間がかかりますよね。

お弁当に入れる唐揚げを前日に揚げるときは、いくつか気を付けるポイントがあります。

次の項目で詳しく見ていきましょう^^

スポンサーリンク

お弁当の唐揚げを前日揚げる場合の注意点

唐揚げに限らず、お弁当に入れるものは詰めてから食べるまでに時間がかかるもの。

その間に菌が繁殖しないように、事前に気を付けておくことが大事です!

お弁当の唐揚げを前日に揚げる場合の注意点はこちら↓

  • なるべく濃い目の味付けにすること
  • 揚げたあとは油をしっかり切っておくこと
  • できるだけ早いうちに冷蔵庫または冷凍庫で保存すること

なるべく濃い目の味付けにすること

唐揚げって、定番のニンニク醤油味や塩味、甘酢タレをかけたものなどいろんな味のバリエーションがありますよね。

お弁当に入れる唐揚げの場合は、できるだけ濃い目のしっかりした味付けがいいでしょう。

醤油や砂糖などでしっかり味付けされたものほど、保存性が高くなり傷みにくくなります。

反対に、水分が多いと食べ物はすぐに傷んで菌が繁殖してしまいます><

甘酢タレやタルタルソースなどがかかった唐揚げはお弁当には向きません。

甘酢の唐揚げもタルタルの唐揚げもおいしいんですけどね、自宅で楽しむようにしましょう!

揚げたあとは油をしっかり切っておくこと

前日に唐揚げを揚げたあとは、しっかり油を切っておくのを忘れずに。

油は時間が経つと酸化してしまいます。

酸化してしまった油は、口にすると気持ち悪くなったりお腹が痛くなることも。

また、しっかり油をきっておくことで、翌日食べるときもべチャッとした食感になりませんよ◎

できるだけ早いうちに冷蔵庫または冷凍庫で保存すること

前日に揚げた唐揚げは、できるだけ早く冷蔵庫に入れて保存します。

食べ物の菌は常温でもどんどん増えていきます。

お弁当にして食べるまでに時間があるならなおさら、できるだけ菌の繁殖する時間は少ない方がいいですよね。

唐揚げの冷蔵保存の方法はこちら↓

  1. 粗熱をとって冷ました唐揚げをキッチンペーパーで包む
  2. お皿にのせてしっかりラップをする

唐揚げをキッチンペーパーで包むことで、唐揚げから出る余分な油を吸い取ります◎

ちなみに

お弁当箱に詰めるまでに1日以上時間があるなら、キッチンペーパーで包んだ唐揚げをジッパー付きの袋に入れて冷凍庫へ!

約2週間ほど日持ちします。

スポンサーリンク

前日揚げた唐揚げをお弁当に詰める時のポイント

お弁当

前日に揚げた唐揚げをお弁当に詰めるときも、大事なのは『菌が繁殖しないようにすること』。

ポイントは2つ。

  • お弁当に詰める前にしっかり加熱すること
  • 冷めてからお弁当に詰めること

唐揚げは熱々になるまで再加熱することが大事

冷蔵庫で保存しておいた唐揚げは、お弁当に詰める前にしっかりと再加熱しましょう!

このときに中途半端に温めるだけでは、かえって菌の繁殖の手助けをすることになってしまいます。

熱々の状態までしっかり再加熱することで、菌が繁殖するのを抑えることができますよ^^

電子レンジで温めてもいいですが、せっかくの唐揚げですからできるだけカリっとさせたいですよね。

そんな時はトースターを使った再加熱!

トースターで加熱することで、余計な油も落ちてカリっとした食感が復活しますよ^^

すぐに食べなくても、トースターで温めたほうが時間が経っても食感を保てるのでおすすめです◎

再加熱した唐揚げは冷めてからお弁当に入れよう

熱々に再加熱した唐揚げは、温かいままお弁当に入れるのはNG!

温かい唐揚げをお弁当に入れてフタをしてしまうと、唐揚げから出る湯気が水蒸気となってお弁当全体に水分をもたらします。

水分と湿気は菌の大好物

一気にお弁当が傷んでしまう原因になります><

お弁当に唐揚げを詰めるのはきちんと冷ましてから、冷めたのが確認できてからお弁当のフタをするようにしてくださいね◎

スポンサーリンク

まとめ:お弁当の唐揚げは前日から揚げても大丈夫

  • お弁当に入れる唐揚げは前日に揚げても大丈夫
  • お弁当に入れる場合は、できるだけ濃い目の味付けにすると傷みにくい唐揚げになる
  • 前日に揚げた唐揚げは、しっかり油を切ってから冷蔵庫で保存しておくこと
  • 前日に揚げた唐揚げをお弁当に詰めるときは、必ず熱々になるまで再加熱して、冷めてからお弁当に詰めること

私はいつも夕飯のおかずが唐揚げだったら、お弁当用にいくつか残しておきます。

きちんと冷蔵庫で保存して、詰めるときに再加熱→しっかり冷ますのを守れば、問題なくお弁当として食べることができますよ^^

関連記事:卵焼きはお弁当の前日から作って平気?傷みにくい作り方と冷凍保存の活用術

テキストのコピーはできません。