スタバのGAHAKUとは誰?なるにはどうすればいいか調査

スタバのGAHAKUとは誰?なるにはどうすればいいか調査

スタバに行くと目に入るのが黒板アート。

おいしそうなドリンクやスイーツのイラストが描かれていて、目を奪われますよね^^

実は、あの黒板アートにはお手本を描いているイラストの指導者「GAHAKU」という存在がいるんです!

今回はスタバのGAHAKUとはどんな存在なのか?

GAHAKUのになるにはどうしたらいいのか?を調査しました。

スタバのGAHAKUとは

スタバにはGAHAKUと呼ばれる「黒板アート」の描き方を指導する人が存在しています。


スタバ各店舗のお店に置いてある黒板は、それぞれの店舗で手書きされています。

でも、働いているスタッフがみんな絵が上手いとは限らないですよね。

そこで、GAHAKUがお手本を描いて社内で共有することで、どのお店でも魅力的な黒板アートを描いてもらえるようにしているんだそう。

GAHAKUになると、エリア内の店舗にイラストの描き方を教えにいくことも。

全部の店舗で、イラストのレベルを上げていこうという目的があるそうです。

また、GAHAKUは全国に17人しかいない選ばれた存在。(各エリアに1名ずつ)

各エリアの中で選ばれた一人が、GAHAKUとしてお手本のイラストを書くことができるようになるんですね。

 
GAHAKUの制度が始まったのは2013年ということですが、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スタバのGAHAKUになるには?

スタバのGAHAKUになるには「スタバ」で働いていることが条件となります。

毎年スタバ社内で行われるGAHAKUの採用選考に応募し、合格しなければGAHAKUになることはできないんですって。

GAHAKUになるための倍率は20倍以上!

GAHAKUの任期は1年間で、特別な報酬はないそうです。

でも、「GAHAKU」としてスタバの商品を魅力的に表現するという仕事内容から、とても人気のあるポジションになっているとのことでした。

画伯の合格基準

  • お客様にわかりやすく描けること
  • リアルに描けること
  • 素早く描けること
  • 他の人でもマネしやすいこと

など、いろいろな視点から決められています。

過去には、美術の勉強をしていなくてもGAHAKUに選ばれた方もいるようですよ!


絵が得意であることは大前提ですが、それだけでなくGAHAKUへの思いや「お客様に商品を魅力的に伝えたい」という思いが、採用の決め手なのかもしれませんね◎

スポンサーリンク

スタバのGAHAKUとは誰?なるにはどうすればいいか調査まとめ

スタバのGAHAKUとは「スタバの中で選ばれた黒板アートの描き方を指導する人」のこと。

GAHAKUの任期は1年間で、GAHAKUとして活動しているのは各エリア1名のみ。

約20倍~30倍の倍率を勝ち抜いた人だけに与えられる称号でした。

スタバの黒板にはいつも素敵なイラストが描いてあって目を奪われますが、その裏にはGAHAKUの存在が無くてはならなかったんですね◎

スタバ兵庫限定ばりチョコはいっとうフラペチーノをカスタマイズで再現する方法!

テキストのコピーはできません。