バニラエッセンスとバニラオイルの違いは?それぞれ代用はできるか調査

バニラエッセンスとバニラオイルの違いは?それぞれ代用できるか?

スポンサーリンク

お菓子のレシピを見ているとたびたび目にするバニラエッセンスとバニラオイル。

どちらもお菓子にバニラの甘い香りをつけるためのものですが、バニラエッセンスとバニラオイルの違いはその用途にあります。

お菓子作りのときそれぞれ代用できる場合もありますが、注意が必要なことも。

今回は、製菓学校でお菓子作りを学んできた私がバニラエッセンスとバニラオイルの違いについて詳しくまとめています。

スポンサーリンク

バニラエッセンスとバニラオイルの違い

バニラエッセンスとバニラオイルの違い

バニラエッセンスとバニラオイルはどちらもお菓子やパンに甘いバニラの香りをつけるためのもの。

製菓コーナーに行くと、バニラエッセンスとバニラオイルは一緒に並んでいることも多く、「いったいどっちを買えばいいの?」なんて迷うこともありますよね。

バニラエッセンスとバニラオイルの違いについて、作り方と用途の2つの観点から詳しく見ていきたいと思います。

作り方の違い

バニラエッセンスバニラの香り成分をアルコールで抽出したもの
バニラオイルバニラの香り成分を油で抽出したもの

バニラエッセンスもバニラオイルも、どちらも人工香料を使ったもの・天然のバニラを使ったものがあります。

同じようにバニラの香りづけでよく聞くバニラビーンズはバニラの香りの元となるスパイスで、値段はバニラビーンズが一番高価。

続いてバニラオイル、一番値段が手ごろなのがバニラエッセンスになります。

値段の比較(参考程度)

バニラエッセンス180円<バニラオイル300円<バニラビーンズ700円

ちなみに、バニラビーンズをアルコール度数の高いお酒に漬け込んで作る『バニラエクストラクト』というものもあります。

天然の成分だけを使っているのが特徴で、バニラエッセンスの高級なものと考えると分かりやすいと思います^^


バニラエッセンスはアルコールで香りを抽出しているため、加熱によって香りが飛びやすくなっています。

バニラエッセンスとバニラオイルは作り方によって使う用途にも違いが出てきます。

次の項目でバニラエッセンスとバニラオイルの用途についてみていきましょう。

用途の違い

バニラエッセンス冷やして固めるプリン・アイスなど加熱しないお菓子に使う
バニラオイルクッキー・パウンドケーキ・マフィンなど加熱するお菓子に使う

バニラエッセンスは値段も手ごろで比較的手に入りやすいことから、自宅でのお菓子作りでよく使われます。

アルコールで抽出されているため、加熱すると香りがとんでしまうのがバニラエッセンス。

バニラの甘い香りを楽しみたいな冷やして固めるプリンやアイスなど、加熱しない冷菓に使いましょう。



私はクッキーにバニラの香りをつけたいときに、バニラエッセンスを使ったときがあります。

バニラエッセンスのほうが安かったのが理由なのですが、焼きあがったクッキーからはほとんどバニラの香りはしませんでした^^;



焼く前は甘いバニラの香りがしたのですが、やっぱりアルコールなので焼いてるうちに蒸発しちゃったんですね。

スイートポテトのようにさっと焼き目をつけるだけのお菓子になら、仕上げの溶き卵にほんの数滴まぜてぬればまだ香りがもつかもしれません。

それか、焼き菓子に使うときは多めに入れるようにすれば香りを楽しめると思います。

反対に、バニラオイルは加熱することで香りが広がるのでクッキー・マフィン・パウンドケーキといった焼き菓子に向いています。

油なので、バターなど油脂の多い生地と馴染みがいいのも理由のひとつ。

入れすぎるとお菓子が油っこくなってしまうので気を付けてくださいね。

バニラエッセンスをバニラオイルで代用はできる?

プリン

バニラエッセンスのないとき、バニラオイルで代用することもできます。

ただ、上記でもお話しした通り、バニラエッセンスとバニラオイルは得意とするお菓子が違います。

バニラエッセンスとレシピに指定があるときは、加熱しない冷菓であると思うのですが、冷菓にバニラエッセンスを使うときは少し注意が必要です。



それは、バニラオイルは油なので冷やすお菓子に使うと油分が固まって油っぽく感じやすいということ。

冷菓を作るときにバニラオイルを使う場合は、加える量はバニラエッセンスの半分から様子をみてください。

加熱しないと香りが出にくいですが、入れすぎると油っぽくなるので、この辺の兼ね合いが少し難しいですが…。

個人的には、冷菓でも卵を多く使うお菓子だと、卵の濃厚さもあるのでバニラオイルを使用してもあまり油っぽさは感じにくかったです。

バニラオイルの種類や個人の感じ方によっても変わりますが、入れすぎても「まずくて食べられない」なんてことにはならないので、一度試してみるのが一番だと思います。


焼き菓子など加熱するお菓子にバニラエッセンスの代用としてバニラオイルを使うなら、量はそのままで大丈夫です^^

スポンサーリンク

バニラエッセンスとバニラオイルの違いまとめ

  • バニラエッセンスはバニラの香り成分をアルコールで抽出したもの、バニラオイルはバニラの香り成分を油で抽出したもの
  • バニラエッセンスは冷やして固めるプリン・アイスなど加熱しないお菓子に使う
  • バニラオイルはクッキーやパウンドケーキなど加熱するお菓子に使う
  • バニラエッセンスの代用としてバニラオイルを使うときは加える量に注意する

バニラエッセンスとバニラオイルはどちらも甘い香りをつけられるもの。

どちらも代用することができるので、とりあえず買うなら値段も手ごろで手に入れやすいバニラエッセンスのほうでいいと思います。

バニラの甘い香りを楽しんでくださいね^^

関連記事:バニラエッセンスの代わりになるものは?代用品を紹介!

テキストのコピーはできません。