焼きなすの皮をむかないのはあり?もったいないなら皮ごと食べる作り方も!

焼きなすの皮むかないのはあり?皮ごと食べる作り方も

トロトロの実がおいしい焼きなす。

なすが出回る季節には何度も食べたいなす料理のひとつです^^

焼きなすは最後に皮をむくのが定番の作り方ですが、本来食べることができる皮をむいちゃうのってもったいないですよね…。

そんなときは、焼きなすの皮をむかないで作ればいいんです◎

焼きなすの作り方は何もひとつではありません。

焼きなすは皮をむかなくてもおいしく食べられますよ!


今回は、焼きなすの皮をむかないのはありかどうか、皮をむかない焼きなすの作り方についてまとめました。

スポンサーリンク

焼きなすの皮をむかないのはあり!皮むきする理由

焼きなすの皮をむかないのはあり

焼きなすの皮をむかないのはありです!

そもそも、食べられるなすの皮をむくのは、焼きなすにするとき皮を黒焦げにするから。

いくらおいしいなすの皮でも黒焦げにすると食べられません。


皮を黒焦げにするまで焼くことでなすの中をトロトロにできるのですが、焼きなすの皮って結構厚くむけるんですよね。

私も以前焼きなすを作ったとき、小さめのなすを使ったためか皮をむいたら思ったより実が小さいな…と感じることがあって。

野菜は皮と実の間に一番栄養があると言われているし、焼きなすの皮がもったいないと感じるなら皮をむかないで焼きなすを作りましょう!

スポンサーリンク

焼きなすの皮がもったいないなら皮をむかない作り方も

焼きなす

焼きなすの皮をもったいないと感じる人のために、皮をむかない作り方を紹介します!

焼きなすの皮をむかないで作るので、火を通したなすの皮のきれいな紫色がポイント!

なすの皮の食感と中の実の食感、ダブルの食感を楽しめて食べ応えも増します。

簡単なのでぜひ作ってみてくださいね♪

フライパンで作る焼きなす

皮ごと!とろける焼きナス。フライパンで簡単の副菜、おつまみ。
皮ごと!とろける!夏の定番、焼きナス。 ナスをフライパンで焼き、かつお節、小ねぎをふり、めんつゆ、しょうがでいただきます。 何度でも食べたい簡単レシピ♪ おかず、副菜、おつまみにぴったりです。

フライパンで焼く前に、なすの皮目に細かい包丁を入れること・なすの皮目から焼き始めることで、皮つきでもしっかり火の通った焼きなすが作れます。

レシピではめんつゆで仕上げていますが、ポン酢で食べるのもさっぱりしておいしいですよ!

電子レンジで作る焼きなす

とろとろジューシー♪『レンジ焼きなすのねぎポンおかか』
レンジで作る とろとろジューシーな焼きなす。 ポイントは、油をまぶすこと。 たったこれだけで フライパンに負けない美味しさに♪ こちら、冷ますと グンと美味しさが増すので 作り置きに最適です♡ (うちは、その日のうちに なくなります。笑)

「もっと手軽に焼きなすを食べたい!」という人におすすめなのが、電子レンジで作る方法!

火を使わないので暑い日でも楽々おかずが一品作れます。

油だけまぶして電子レンジで加熱したあとに、調味料を加えてさらに加熱することで、固いなすの皮にもしっかり火が通ります。

時間が経つほど味が染みておいしくなるので作り置きにもぴったりですね^^

スポンサーリンク

焼きなすの皮をむかない場合の注意点

なす

焼きなすは皮をむかないでも作れますが、おいしく作るためにはいくつか注意点があります。

なすの皮に細工をして火が通りやすくすること

なすの皮はまれに薄いものもありますが、基本的に厚いのでフライパンや電子レンジで調理するだけだと皮が固いことがあります。

なので、短時間の調理でも皮にしっかり火が通るように皮に細工をしましょう。

皮の細工は何も難しいことをする必要はありません。

ななめに包丁をいくつか入れるだけでもぐっと火が通りやすくなるので、焼きなすで皮をむかないのであれば忘れずに皮に細工をしてくださいね。

適度に皮の食感が残った食べやすい焼きなすになります。

多めの油を使うこと

せっかくなすの皮を残して焼きなすを作るのであれば、見た目にもきれいに仕上げたいですよね。

なすをきれいな紫色に仕上げるためには、多めの油を使って調理するのがポイント!

色止めといってなすの紫色が調理によって流れ出るのを防ぐ効果があります。


フライパン調理の場合は多めの油をしいて皮から焼くことで、きれいな紫色をキープできます。

電子レンジ調理の場合でも最初に油を使うことで同等の効果が。

なすと油は相性抜群!

油をよく吸うのでダイエットには向かないかもしれませんが、今だけのおいしい焼きなすを楽しむために思い切って多めの油で調理するのをおすすめします!

スポンサーリンク

まとめ:焼きなすの皮はむかないでも食べられる

焼きなすの皮は調理次第ではむかないでも食べれらます。

コンロやグリルでじっくり黒焦げになるまで焼いた焼きなすのおいしさは格別ですが、皮ごと食べる焼きなすも食べ応えがあって満足できるはず◎

皮の栄養もまるごととれる皮をむかない焼きなす、ぜひ作って味わってくださいね♪

関連記事:焼きなすの日持ちはどれくらい?冷凍保存についても!

テキストのコピーはできません。