カステラの紙は食べるものなの?きれいな剥がし方のコツも

カステラの紙は食べるもの?

いろいろなカステラが売っていますが、共通するのは紙が付いていること。

「カステラの紙は食べるものなの?」と思う人がいるかもしれませんが、カステラを食べる前に紙は必ず剥がしましょう!

でも、カステラの紙はカステラにぴったりとくっついていて、なかなか剥がれにくい…。

きれいにはがすコツがあれば知りたいですよね。

そこで今回は、

  • カステラの紙は食べるものなの?
  • カステラの紙を食べてしまったらどうなる?
  • カステラの紙のきれいな剥がし方

3つについてまとめました。

スポンサーリンク

カステラの紙は食べるものなの?

カステラ

どのカステラを買っても必ず底についている紙。

あまりにカステラと一体化してるから「もしかして一緒に食べるもの?」なんて思ってもおかしくないですよね。

でも、カステラについてる紙は食べるものではありません。

カステラについている紙は、製造工程から販売、私たちの口に入るまでにすべてに対して重要な役割を持っているんです。

生地を型に入れるとき:型から生地が漏れないようにする

生地を焼くとき:ざらめのじゃりっとした食感を残す

生地を冷ますとき:カステラを型からきれいに取り外す

カステラを販売するとき:きれいな状態でカステラを販売する

カステラを食べるとき:箱から取り出しやすくして、崩れずにカットする

どうですか?

カステラの紙は、カステラをおいしくきれいに作ってキープするために欠かせないものということが分かったかと思います。

食べるためではないので、カステラを食べるときには紙を忘れずに剥がすようにしましょう!

スポンサーリンク

カステラの紙を食べてしまったらどうなる?

カステラ

カステラの紙は、多分一生のうちで誰しも1回は食べるんじゃないかと思うんですがどうでしょう。

実際に私は何度か食べたことがあります…^^;

「食べるものじゃないのに食べてしまった」というと、真っ先に体は大丈夫なのか気になりますよね。

結論から申し上げますと、大人ならカステラ1切れ分ほどの紙の量なら食べても問題ありません。

食べても消化されずに排出されるからです。

カステラ1切れ分の紙って結構な量なので、これ以上食べてしまうことってないと思います。

多分「うえっ」ってなるかと…。

ただ、注意してほしいのは子どもやペットがカステラの紙を食べてしまった場合です。

大人には平気な量でも、体の小さな子どもやペットにとっては大きな量であるカステラ1枚分の紙。

窒息したり、吐き気や嘔吐や腹痛を伴う腸閉塞を起こす危険性もあります。

子どもにカステラを与えるときは、必ず紙を外してから与えるようにしてください。

ペットがカステラを食べることは考えにくいですが、外したカステラの紙が落ちているのを知らない間に食べてしまうことがあります。

カステラはペットが届かないところに置いて、外した紙はすぐに捨てるようにしましょう!

スポンサーリンク

カステラの紙のきれいな剥がし方

カステラの紙

カステラの紙はカステラを作る上で欠かせない大事なもの。

分かっていても、紙がきれいに剥がれないと「この紙いるのかな…」ってなっちゃいますよね(笑)

なかなか剥がれないカステラの紙も、コツを押さえればきれいに剥がすことができるんです^^

カステラの紙のきれいな剥がし方:温める

カステラの紙がついた面を下にして、フライパンに入れて10秒ほど火にかけるだけ!

これだけで、カステラの紙はきれいに剥がれます^^

カステラの紙ってカステラのザラメがついてる面にありますよね。

カステラを焼くときに溶けたザラメが冷えて固まっているので、カステラと紙はしっかりくっついてる状態。

なので、カステラを温めてもう一度ザラメを溶かすことで、紙をきれいに剥がすことができるんです◎

温めるのに手軽なのは電子レンジですが、電子レンジだとなかなかザラメを溶かすことはできません><

フライパンで温める際は、火が強すぎると焦げてしまうので注意してくださいね!

カステラの紙のきれいな剥がし方:冷やす

カステラを冷蔵庫で冷やすだけ!

カステラを冷やして生地を締めることで、紙を剥がしてもカステラが崩れにくくなるというわけです。

ただ、カステラの冷やし具合によってはうまく剥がせないことも。

紙をきれいに剥がすなら温めるほうがいいのですが、私は冷えて生地がぎゅっと締まったカステラが好きなので、いつもこちらの方法にしています^^

スポンサーリンク

まとめ:カステラの紙は食べないで剥がすもの

  • カステラの紙は、カステラをおいしくきれいにキープするために必要なもの
  • カステラの紙は大人なら少量食べても問題はないが、体の小さな子どもやペットが食べると危険なことも
  • カステラの紙をきれいに剥がすなら、カステラをフライパンで10秒ほど温めるといい

カステラに欠かせない紙は食べるものではありません。

大人なら少しぐらい食べても消化できないまま排出されるので大丈夫!

何より、ちょっとでも食べ物じゃないものが口に入ったら自力で異変に気付いて出すことができますよね。

しかし、小さい子どもやペットは異変に気付かないままカステラの紙をいつの間にか多く食べてしまうこともあります。

窒息したり腸閉塞を引き起こしたり、とても危険なので、カステラの紙の取り扱いには注意してください。

関連記事:カステラが食べ切れない!長持ちさせる保存方法やアレンジレシピを紹介

テキストのコピーはできません。