チーズケーキの卵ありとなしの違いは?卵の役割を調査

スポンサーリンク

濃厚なチーズの味わいが楽しめるチーズケーキ。

順番に材料を混ぜるだけで作れるので、自宅で手作りを楽しむ人も多いですよね。

そんなチーズケーキ、レシピを検索してみると卵ありとなしのレシピがあることに気付きます。

なぜレシピが2種類あるのか、チーズケーキの卵ありとなしの違いは何があるのでしょうか?


そこで今回は、チーズケーキの卵ありとなしの違いや、チーズケーキの卵の役割についてまとめました。

スポンサーリンク

チーズケーキの卵ありと卵なしの違い

チーズケーキ

チーズケーキを卵ありとなしで作った場合に出てくる違いは主に3つ。

  • 見た目
  • 食感

どのような仕上がりになるのか詳しく見ていきましょう。

卵の役割は主にコクと凝固性

チーズケーキを卵ありとなしで作った場合、まず見た目に違いが出てきます。

卵なしで作ったチーズケーキはあまり焼き色がつきません。

卵を入れることで焼き菓子やパンはきれいな焼き色がつくので、卵なしで焼いたチーズケーキは全体的に白い見た目になります。


卵の役割でさらに大事なのはコクと食材を固める凝固性です。

卵を入れることでチーズケーキにはコクが出ます。

卵自体に強いうま味とコクがあるので、卵を入れたチーズケーキは入れないものに比べて味に深みが出ます。

ただ、卵を入れすぎると卵の味が良くも悪くも主張するので、チーズ感は薄まってしまうんですね。

クリームチーズの味を生かしたいためにあえて卵を入れないというレシピもあります。


凝固性で言うと、【卵のたんぱく質は加熱によって固まる】性質が、チーズケーキをしっかりと固めます。

たっぷりのクリームチーズを使うチーズケーキは水分量が多く、スポンジケーキやパウンドケーキと違ってそのままでは固まりにくいもの。

そこで卵の力を借りてチーズケーキを固めて形を安定させるというわけです。

卵ありのレシピで卵を抜くのはおすすめできない

チーズケーキにおける卵の役割を紹介しましたが、チーズケーキは卵なしで作れるレシピもあります。

卵がないとチーズケーキが作れないというわけではありませんが、もともと卵ありのチーズケーキのレシピで卵を抜いて作るのはおすすめできません。


というのも、卵ありで作るチーズケーキは卵の味や凝固性を頼りに材料を揃えているため。

卵を抜いてしまうと、味がイマイチに感じたりしっかり固まらないなんてことがあるんです。


チーズケーキを作るとき薄力粉も入れますが、薄力粉の役割は生地同士のつなぎ。

口当たりをなめらかにするために入れるので、薄力粉にチーズケーキを固める働きはあまりないんですね。


卵を切らしている・卵アレルギーであれば、最初から【卵なしのチーズケーキのレシピ】を検索して作りましょう。

チーズケーキの卵を入れ忘れたらどうなる?

チーズケーキ

卵ありで作るチーズケーキは、卵を入れないと味が薄かったり固まらないなど思ったような仕上がりになりません。

卵は重要なポイントなのですが、作っているときに卵を入れ忘れてしまうこともあると思います。

卵を入れ忘れたことに気付いたタイミング別に対処法を紹介します。

卵を入れ忘れたタイミングがオーブンに入れる前

オーブンに入れる前であれば気付いたタイミングで卵を入れましょう。

できれば薄力粉を入れる前に気付けるといいのですが(薄力粉を入れてからは練らないほうがやわらかい食感になるため)、薄力粉を入れてからでも卵を入れることはできます。


レシピとは異なるタイミングで卵を入れるときのポイントは、事前に卵をよく溶きほぐしてから少しずつ入れること。

卵をほぐさないで入れるとダマになってしまいます。

また、出来上がった生地とのなじみをよくするため、溶きほぐした卵に生地を少し入れてよく混ぜておきましょう。

卵液と出来上がった生地の固さをできるだけ近くすることで、2つを合わせたときに何度も混ぜなくてもすっと混じるようにします。

卵を入れ忘れたタイミングがオーブンに入れた後

オーブンに入れた後に卵の入れ忘れに気付いたときは、残念ですが卵を入れることはできません。

レシピにもよりますがチーズケーキが固まらないことがあるので、焼いたあとはいつもよりしっかり冷蔵庫で冷やす時間を取りましょう。

最低でも一晩は冷やして様子を見たほうがいいかもしれません。


ちなみに、焼きたてのチーズケーキは「本当に焼けてる??」と不安になるぐらいフルフルでやわらかいです。

中まで火が通っているか不安であれば、

・ゆすってみて弾力を感じられるか

・竹串を刺して水気のある生地がついてこないかどうか

確認してくださいね◎

スポンサーリンク

チーズケーキの卵ありレシピ

ここからはチーズケーキの卵ありのレシピの中からおすすめのものを2つ紹介します。

クリームチーズにサワークリームを足してより深いコクを出したもの、表面を焦がすことでキャラメルのようなコクを出したものと2つ。

通常のチーズケーキよりワンランクアップしたレシピなので、プレゼントとしてもおすすめです^^

ニューヨークチーズケーキ

バスクチーズケーキ

チーズケーキの卵なしレシピ

次に紹介するのはチーズケーキの卵なしレシピを2つ。

卵なしでもコクが出るよう、牛乳を混ぜず生クリームだけで作っています。

卵がなくてもおいしいチーズケーキを食べたいとき、卵アレルギーでもチーズケーキが食べたいときぜひ作ってみてくださいね♪

生クリームたっぷりチーズケーキ

レアチーズケーキ

スポンサーリンク

チーズケーキの卵ありとなしの違いまとめ

チーズケーキの卵ありとなしの違いについてまとめました。

チーズケーキにおいて卵は味にコクを出したりチーズケーキをしっかりと固める役割があります。

卵なしでもチーズケーキは作れますが、もともと卵ありのチーズケーキのレシピから卵を抜くのは止めておきましょう。

卵なしでチーズケーキを作るのであれば、生クリームの量が多い・複数のチーズをブレンドしたレシピを選ぶと卵なしでもコクのあるおいしいチーズケーキが作れますよ^^

関連記事:チーズケーキにレモン汁を入れすぎて酸っぱくなった!対処法や食べきるアイデア

関連記事:甘すぎるチーズケーキをリメイクする方法は?おいしく食べきる方法を紹介

テキストのコピーはできません。