チョコバナナの立てる台がない!冷やし方や代用方法を紹介

お祭りや学際など、イベントのときにぴったりなチョコバナナ。

手軽な材料でできるのに、カラフルな見た目は目を惹きますし、何よりチョコとバナナの組み合わせは間違いないですもんね^^

チョコバナナは、バナナにチョコをつけたあと冷やしてチョコを固めなければいけません。

いざ、やってみると冷やすときに台がないとやりにくい…。

チョコバナナの立てる台がないとき、いったいどうやってチョコバナナを冷やしたらいいの?

作ったあとどうやって立てておけばいいのか知りたいですよね。

そこで今回は、

  • チョコバナナの冷やし方
  • チョコバナナの立てる台がない時の代用方法

2つについてまとめました。

スポンサーリンク

チョコバナナの冷やし方

チョコバナナ

チョコバナナは冷蔵庫で冷やします。

チョコバナナは、せっかく付けたチョコレートやトッピングが崩れないように立てて冷やすのがおすすめ。

屋台ではよく発泡スチロールに割りばしが刺さってチョコバナナを立てていますよね。

自宅でも、発泡スチロールを使って立てるのが一番安定感があっていいでしょう。

チョコバナナは冷蔵庫で15~20分も冷やせばしっかり固まります。

個人的にはチョコレートがパリパリのチョコバナナが好きですが、チョコレートはあまり冷やし固めすぎないほうがバナナと一緒にチョコを味わうのにぴったり。

自分の好みで冷やす時間を調整してみてください^^

レシピによっては冷蔵庫に入れないで、常温でチョコレートを固める方法もあります。

しかし、常温でもチョコレートが固まるのは「準チョコレート」と呼ばれるコーティング用のチョコレートを使った場合のみ。

コーティング用のチョコレートは、私たちが普段口にしている板チョコよりもカカオバターの配合率が低く味も劣ります。

ですが、使い勝手がいいので、屋台のチョコバナナはコーティングチョコが使われていることが多いです。

どんどんチョコバナナを作る必要があるので、いちいち冷やすのは手間になるんです。

個人的には板チョコを使ったほうがおいしいのでおすすめですが、板チョコを使ったチョコバナナは冷蔵庫で冷やさないとチョコレートが固まりません。

ただ、自宅にチョコバナナを冷やすのにちょうどいい台がないときもありますよね。

そんなときの代用方法を次の項目で詳しく紹介していきます^^

スポンサーリンク

チョコバナナの立てる台がない時の代用方法

 チョコバナナ

チョコバナナを立てる台がないとき、自宅にあるものでチョコバナナを立てながら冷やすことだきます。

発泡スチロールがないときは試してみてくださいね♪

代用方法は3つ。

  • ペットボトルを使う方法
  • グラスを使う方法
  • 紙コップを使う方法

ペットボトルを使う方法

  1. 2リットルサイズのペットボトルの半分ほど水を入れる
  2. キャップをしっかりしめて、ペットボトルを横に倒す
  3. カッターを使って十字に切り込みを入れる
  4. 十字の切り込みにチョコバナナをさす

ペットボトルに半分だけ水を入れて、重り代わりにします。

ペットボトルにアルミホイルやキッチンペーパーなど巻けば、チョコが垂れてきても汚れずに安心です◎

グラスを使う方法

軽いコップではなく、ある程度重さのあるグラスを使います。

チョコバナナを割りばしのほうを下にしてグラスに入れるだけ。

バナナの根本の部分がグラスのふちにかかれば、真っすぐにチョコバナナを立たせられなくてもコーティングが崩れるのを最小限に抑えることができます。

バナナが長すぎるときは、半分の長さでチョコバナナを作るとちょうどいいですよ^^

紙コップを使う方法

紙コップにそのままチョコバナナを立たせようと思っても、倒れてしまいうまくいきません。

そんなときは、バナナを半分にカットすることで立たせることができるんです。

  1. バナナは半分にカットする
  2. バナナをカットした平らな面ではなく、バナナの先のほうから割りばしをさす
  3. 通常通りチョコレートやトッピングをつけたら、カットした面を下にして紙コップに入れる(割りばしが上になるように)

普通バナナに割りばしをさすときはカットした面にさすと思いますが、そうじゃなくてバナナの先のほうに割りばしをさすんです。

そうすることで、バナナの平らな面を下にしてチョコバナナを立たせることがきます。

また、もっと細かくバナナをカットして「そもそもチョコバナナを立たせない」という方法も。

Cpicon 超簡単ミニチョコバナナ by komegu

一口サイズだと食べやすくなるし、自宅でチョコバナナを作るならこっちのほうがいいかもしれませんね^^

スポンサーリンク

チョコバナナの立てる台がない時と冷やし方まとめ

  • チョコバナナは冷蔵庫に入れて15~20分ほどでチョコレートが固まる
  • チョコバナナを立てる台は発泡スチロールが定番だけど、ない場合はペットボトルやグラスを使う
  • バナナを半分に切ってチョコバナナを作れば、紙コップでチョコバナナを立たせることもできる

チョコバナナはカラフルなデコレーションをできるだけ崩したくないもの。

立てて冷やすための発泡スチロールがないときは、自宅にあるもので代用してみてくださいね。

個人的には、バナナを半分や一口サイズに切って作ったほうが冷蔵庫の中でも場所をとらずにいいかなと思います^^

関連記事:チョコバナナの立てる台がない!冷やし方や代用方法を紹介

テキストのコピーはできません。