クッキーでバターをクリーム状にする理由は?手軽に柔らかくする方法も紹介!

クッキーのバターをクリーム状にする理由は?手軽に柔らかくする方法も

クッキーは少ない材料で作ることができるので、初めてのお菓子作りにはぴったり。

型抜きやデコレーションの作業も楽しいので、親子で楽しむ人も多いのではないでしょうか。

割と簡単な作業が多い中、クッキー作りで大変なことといえば、バターをクリーム状にすることかなと思います。

固いバターをなめらかなにするのって結構重労働なんですよね^^;

クッキー作りでバターをクリーム状にするのはなぜでしょうか?

「生地となじませるなら溶かしバターでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、クッキーを作る上でバターをクリーム状にするのはきちんと理由があるんです!

そこで今回は

  • クッキーを作るときバターをクリーム状にする理由は?
  • クッキーを作るときバターをクリーム状しないとどうなる?
  • 固いバターを簡単にクリーム状にする方法

3つについてまとめました。

クッキーを作るときバターをクリーム状にする理由は?

バターをクリーム状にする理由

クッキーを作るときにバターをクリーム状にする理由は、「サクサクとした食感を生み出すため」です。

クッキーの一般的なレシピでは

  • 薄力粉
  • 砂糖
  • バター

を使います。

お菓子作りに欠かせない薄力粉にも、少な目ではありますがグルテンが含まれています。

グルテンとは「小麦粉に含まれるたんぱく質と水分が結びついてできるもの」で、生地を練れば練るほど、グルテンは形成されて弾力と粘り気のある生地になります。

パンを作るときに「生地をよく練る」必要があるのは、グルテンを多く形成して弾力のあるパンにするためなんですね。

しかしクッキーの場合はどうでしょう。

好みの差はあれど、クッキーの魅力はサクサクとした食感ではないでしょうか。

クリーム状になったバターには、生地中にまんべんなく散らばる性質があります。

まんべんなく行きわたったクリーム状のバターが、グルテンの形成を抑えてくれるので、クッキーはサクサクとした食感になるんですね。

このバターの性質を「ショートニング性」といいます。

ショートニング性を生かしたお菓子はクッキーの他にタルト生地なども。

どちらもサクサクとした食感が大事ですよね。

サクサクとした食感を生み出すために、バターをクリーム状にする必要があるというわけです!

スポンサーリンク

クッキーを作るときバターをクリーム状しないとどうなる?

クッキーのバターをクリーム状にしないとどうなる?

バターをクリーム状にしないとクッキーはどうなるのでしょうか?

バターの状態別にまとめました。

  • 溶かしバターで作った場合
  • 冷えたままのバターで作った場合

それぞれ詳しく見ていきましょう。

溶かしバターで作った場合

クッキーのバターを溶かしバターにした場合

溶かしバターで作った場合どうなるかというと…

  • 卵と混ぜるときに分離しやすくなる
  • 生地がまとまりにくくなる
  • 焼きあがったときにサクサク感は少なく、固い食感になる

以上のことが考えられます。

溶かしバター=液状になったバターには、ショートニング性はありません。

溶かしバターでもクッキーは作ることはできますが、食べたときの食感は固くおせんべいのような感じになるかも…。

私もつい横着して溶かしバターでクッキーを作ることが多いのですが、仕上がりが本当に固いんですよね^^;

「手作りクッキーはこんなもんかな…」と思っていましたが、手抜きをすることで固くなる理由に当てはまっていました。

溶かしバターはマドレーヌやフィナンシェなど、生地をしっとりさせたいお菓子に使うのがおすすめです。

冷えたままのバターで作った場合

クッキーのバターを冷やしバターで作ったばあい

冷えた固まりのままのバターで作った場合どうなるかというと、意外にもサクサクとしたクッキーを作ることができるんです!

この場合、手やゴムベラで作るのは難しいのでフードプロセッサーを使います。

  1. 粉をふるう代わりに、薄力粉と砂糖といった粉類(ココアクッキーの場合はココアも)をフードプロセッサーに入れて、10秒ほど回す
  2. 冷やして固くなっているバターを2センチ角にカットして入れて、粉類と混ざるまでフードプロセッサーを回す
  3. 卵を入れて、ぽろぽろとした状態になるまでフードプロセッサーを回す

あとは一般的なクッキーのレシピと一緒で、冷蔵庫で寝かせたあと型抜きなどすればOKです。

実は固形のバターにもショートニング性はあるので、フードプロセッサーを使ったこの作り方でもクッキーはサクサクとした食感になるんですね。

溶かしバターを作る手間もないので、フードプロセッサーを持っている方はぜひこの作り方を試してみてください!

スポンサーリンク

固いバターを簡単にクリーム状にする方法

バターを簡単に柔らかくする方法

フードプロセッサーがない場合でもサクサクのクッキーを作るために、大事なバターをクリーム状にする作業。

固形のバターを「押したときに指がすっと入る」くらいのやわらかさにするための方法は、バターを室温に戻すことです。

夏場なら30分~1時間、冬場なら2時間ほど冷蔵庫から出して置いておきます。

早く溶かしたいからと湯煎やレンジにかけるのはNG。

あっという間に溶かしバターになってしまいます。

急ぎのときなど、なるべく早くやわらかくしたい!という人は

  • バターを薄くスライスして置いておく
  • 電子レンジ200wで5秒ずつ温めて様子をみる

以上のことを試してみてください。

バターは混ぜていくうちにやわらかくなっていきますので、電子レンジで温める場合は「まだちょっと固いかな?」くらいで止めておくのがポイントです。

やわらかくなったバターをゴムベラなどでよく混ぜてください。

このとき、混ぜ方によっても生地の仕上がりが変わってきます。

  • 空気を含ませるようにバターを混ぜる⇒ふんわりとした軽い食感の生地になる
  • 空気が入らないようにバターをすり混ぜる⇒サクサクとした食感の生地になる(クッキーの場合はこちら)

作りたいお菓子によって、混ぜ方を変えてみてくださいね!

スポンサーリンク

クッキーを作るときバターをクリーム状にする理由まとめ

クッキーを作るときにバターをクリーム状にする理由についてまとめました。

  • クッキーを作るときにバターをクリーム状にするのは、サクサクのクッキーを作るため
  • 溶かしバターで作るとサクサクとした食感はなく、固い生地になってしまう
  • 固形のバターにもクッキーをサクサクにする「ショートニング性」はあるので、フードプロセッサーを使えばバターをクリーム状にしなくても、サクサクのクッキーを作ることができる
  • 固いバターをやわらかくするためには、バターをスライスした状態で室温に置くといい。急ぎの場合は200Wの低い温度で少しずつバターを温めて様子を見る

バターをクリーム状にする作業はクッキー作りの上で大変な作業です。

しかしここを乗り越えればおいしいクッキーができるまであと少し。

事前にバターを室温に戻しておけば、クリーム状にするのも簡単です。

ぜひおいしいサクサクのクッキーを作ってみてくださいね!

関連記事:手作りクッキー生地の日持ちは?冷凍保存や解凍方法を紹介!

テキストのコピーはできません。