メルティーキッスの販売期間はいつからいつまで?冬季限定の理由を調査

メルティーキッスの販売期間はいつからいつまで?

冬季限定のお菓子は数あれど、私が一番楽しみにしているのが明治のメルティーキッスです◎

「雪のようなくちどけ」というキャッチコピーどおり、口の中に入れるとスーッと溶けるなめらかなチョコレートがたまらないんですよね^^

メルティーキッスは年中売っているわけではありません。

「いつの間にか店頭から消えてしまった…」と後悔しないように、事前にメルティーキッスの販売期間をチェックしておきましょう!

今回は、メルティーキッスが冬季限定の理由も一緒に、メルティーキッスの販売期間を調査しました。

メルティーキッスの販売期間はいつからいつまで?

メルティーキッスの販売期間は、10月頭~2月末ごろまでです。

メルティーキッスは、2021年度は10月5日から全国順次販売となりました。

ただし、10月5日から発売されているのは

  • メルティーキッス くちどけラム&レーズン
  • メルティーキッス くちどけブランデー&オレンジ

の洋酒シリーズのみ。

お酒が効いていておいしいですよね^^

箱に入ったいつものメルティーキッスは、少し遅れて10月26日に発売されました。

発売日は毎年少しずつ違いますが、だいたい10月頭に洋酒シリーズの販売・10月後半に箱に入ったメルティーキッスの販売となっていますね。

そして販売期間ですが、2月末ごろを目安に店頭から姿を消すようです。

販売開始の時期ははっきり決まっていても、販売終了ってはっきりと決まっていないもの。

だいたい2月末にはお店で買えなくなるのですが、売れ筋で人気のある種類のメルティーキッスは先に販売終了することも。

メルティーキッスは『冬季限定』の商品。

3月になると一気に春のイメージになるので、冬季限定であるメルティーキッスは春になる前に販売終了となるのでしょう。

スポンサーリンク

メルティーキッスは冬季限定!理由は?

メリティーキッスが冬季限定の理由

上記でもお話ししましたが、メルティーキッスは冬季限定の商品です。

「おいしいから1年中売ってほしい!」と思っているのは私だけではないはず。

どうして冬季限定の販売にしているのでしょうか?

その理由は、メルティーキッスの独自の口どけにありました。

普通のチョコレートの溶け始める温度は約28℃前後。

スーパーの店頭に常温で置いておいても、品質が変わることはほぼありません。

しかし、メルティーキッスの場合はこの温度が低く、23℃前後。

5度も溶け始める温度が違うと、温度管理や品質管理がとても難しくなります。

スーパーの店頭に置いておくと、もしかして状況によっては溶けちゃうこともあるかもしれません><

冬場でないとメルティーキッスのおいしさをキープできないので、メルティーキッスは冬季限定商品というわけなんですね。

1年中メルティーキッスを食べたいけど、そのために口どけが変わってしまったら、それはメルティーキッスではありません…!

販売されている間に思う存分メルティーキッスを味わうのが一番ということになりますね!

スポンサーリンク

メルティーキッスの販売期間まとめ

  • メルティーキッスの販売期間は、10月頭~2月末ごろまで
  • メルティーキッスが冬季限定な理由は、メルティーキッスが他のチョコレートより溶けやすいために冬場ではないと品質をキープできないから

メルティーキッスが販売開始されると「今年もこの時期がきたなあ」と季節を実感できますよね。

1年中売ってほしい気持ちはありますが、冬季限定だからこそおいしいメルティーキッス。

私もたくさん買ってメルティーキッスを楽しみたいと思います^^

関連記事:ラミーとバッカスチョコはいつからいつまで販売してる?売ってないのは冬季限定だから

テキストのコピーはできません。