オクラの産毛はそのままでも食べれる?とれない時のとり方のコツも紹介

オクラの産毛そのまま食べられる?取り方のコツも

スポンサーリンク

オクラの産毛を取る下処理、面倒だけどそのまま食べられるかな?

夏はオクラが旬でおいしい時期ですよね^^

我が家でもオクラが旬になると和え物やおひたし、ときには揚げ物などにしてよく食卓に並べています。

どんなレシピにマッチしておいしくツルッと食べられるオクラですが、調理の際に悩むのがオクラの産毛。

できれば簡単に調理したいですが、オクラは産毛を下処理しないと食べられないのかと考えますよね。

指で触るぶんにはあまり気になりませんが、おひたしなどオクラそのものをおいしく食べるレシピのときは口に入れると産毛がチクチクとして気になるものです。

オクラは特に下処理をしなくても食べられますが、下処理をするとさらにおいしく食べられます

そこで今回は

  • オクラの産毛はそのままでも食べれるのか
  • オクラの産毛がとれない時のとり方のコツ

この2つのことについて紹介します!

オクラの産毛はそのままでも食べれる?

オクラ

オクラの産毛は、そのままでも食べようと思えば食べられます。

特に人体に害はないので、産毛がついたままでも問題ありません。

ですが、オクラに産毛がついていることで問題となるのが「食感」や「口当たり」です。

オクラは新鮮であればあるほど産毛も元気で、ピンピンとしています。

オクラの産毛は、夏の激しい暑さからオクラを守るためのものなので、なかなか丈夫に生えているものです。

そのため、状態の良いオクラを食べようとすれば産毛がチクチクと口の中を刺激して食べにくさを感じます。

私もオクラが大好きでよく食べるのですが、たまに下処理をサボると口の中に産毛が刺さって「うっ!」となることがありました><

味自体に問題はないのですが、口当たりが悪いとおいしさが半減するように感じますよね…

食感や口当たりを気にせずおいしくオクラを食べるためには、オクラの産毛はしっかりと処理するのがベストです。

スポンサーリンク

オクラの産毛がとれない時のとり方のコツ

オクラ

オクラの産毛は、あるのとないのでも栄養価やおいしさは特に変わらないので、取ることで食べやすくなるなら取りたいですよね!

ですがこのオクラの産毛、たくさん生えているので手で1本1本取っていくのは至難のわざになります><

水で洗い流そうにも単純に洗うだけでは全部は取れないので、ちゃんとした方法を知っておく必要があるのです。

オクラの産毛を落とすには、この2つの方法がおすすめ!

  • 板ずりをする
  • ネットごともみ洗いする

2つともとても簡単な方法なので、オクラをおいしく食べるにはぜひ試してほしい方法です。

それではこの2つの方法についてくわしく見ていきましょう!

板ずりをする

オクラの産毛を取るのに一般的なのが「板ずり」という方法です。

  • まな板の上にオクラを並べえう
  • オクラに2つまみほどの少量の塩を振る
  • まな板にこすり付けるように転がす

こうすることでオクラの表面に生えた産毛は取れ、口当たりがのよく食べやすいオクラになります!

生で食べるときは板ずりしたあとにしっかりと洗い、茹でてから調理するときは塩がついたまま茹でるといいでしょう。

塩がついたまま茹でることで、オクラの変色を防ぐと同時に良い下味がつくのでとてもおすすめですよ^^

ネットごともみ洗いする

オクラ

板ずりをするだけで産毛はだいぶ落ちるのですが、悠長に板ずりしている時間が
ないときもありますよね。

お仕事されている方や手が離せない小さいお子さんがいる方は、下処理に時間をかけられないものです。

そんな方は「ネットに入ったまま洗う」方法でオクラの産毛を落としましょう。

やり方はとても簡単

  • ネットに入ってい売られている状態のオクラを用意
  • そのまま流水にさらしながら両手で挟む
  • 転がすようにワシャワシャと洗う

ネットの網目がオクラの産毛を巻き込み、キレイに産毛を落とすことができます。

洗い終わったらオクラをネットから出し、鍋に入れて茹でたりそのまま調理に使ったりしてOK◎

板ずりをして産毛を落とすよりずっと簡単で手間がかからないので、下処理に時間がかけられないときはおすすめです^^

スポンサーリンク

オクラの産毛はそのままでも食べれるまとめ

  • オクラの産毛はそのままでも食べられる
  • 食べられるが、オクラに産毛がついたままでは食感や口当たりが悪い
  • 産毛の処理をサボると口の中に産毛が刺さって不快なときがある
  • オクラの産毛を取るには、オクラに塩をかけてまな板に擦りつける「板ずり」が一般的
  • 板ずりをしたあとに塩を残したまま茹でることで、オクラの変色防止や下味つけになる
  • 板ずりをする手間がかけられないときは、オクラがネットに状態で流水にさらしながらもみ洗いするのがおすすめ

旬のオクラをおいしく食べるには、オクラの産毛をしっかりと取るのがポイント!

オクラの産毛は簡単に取ることができるので、調理前にぜひ産毛落としをしてみるといいでしょう♪

関連記事:オクラのがくは取らないとどうなる?食べれるのかや下処理方法も調査

テキストのコピーはできません。