ロッテのラミーが小さくなった?変わった理由を調査

ロッテのラミーが小さくなった

「ラミー」といえば、ロッテが販売する冬季限定のチョコレート。

「バッカス」と並ぶ洋酒入りチョコレートの代表格です。

しっかりとお酒の味が効いたラムレーズン入りのチョコレートはラミー独自で、根強い人気がありますよね^^

そんなロッテのラミーですが「小さくなった」という声が多く聞こえます。

実際に、2020年度のリニューアルで内容量が少なくなってるので、ラミーが小さくなったのは事実です。

どうしてラミーは変わったのか、理由が気になりますよね。

そこで今回は

  • ロッテのラミーが小さくなった!
  • ロッテのラミーが小さく変わった理由

2つについてまとめました。

ロッテのラミーが小さくなった!

ラミーとバッカス

ラミーが小さくなったのは事実です。

これまでも、様々なお菓子が小さくなったり量が減ったりしていますが、割と微々たる変化で「あれ?なんだか小さくなった?」というような変わり方が多かったんですね。

それに比べて、ラミーは「明らかに小さくなっているのが分かる」変化でした。

リニューアル前と後のラミーの内容量を比べてみましょう。

リニューアル前のラミー
銀紙に包まれたバータイプのチョコレート45gが2本入り。合計90g
リニューアル後のラミー
個包装タイプのチョコレート26gが3つ入り。合計78g

ざっと12g分小さくなっていますね。

さらに注目すべきは、ラミーの形状です。

ラミーといえば銀紙に包まれたチョコレートでしたが、リニューアルに伴って銀紙は廃止。

個包装パックに変わりました。

外側のパッケージには「内容量:3本」と記載があるので、ぱっと見ただけだと「量増えてる!」と勘違いする人も多いかも…。

それでいて、実際に開けたら小さい個包装パックが3つだったら…。

私だったらめっちゃショックです^^;

本数が増えたとしても実際の内容量は確実に減ってますから。

実際に、このラミーのリニューアルには長年のラミーファンの人たちもショックを受けたようで、SNSでは「ラミーが小さくなった」という書き込みがあふれたほどです。

「銀紙に包んだバータイプ」という形状を変えなければ、まだそこまでショックを受けなかったんじゃないかなと思うんですね。

慣れ親しんだ形が変わるとやっぱり衝撃も大きいので…。

どうしてラミーは小さくなったうえに、形まで変わってしまったのでしょうか?

次の項目で詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ロッテのラミーが小さく変わった理由

ラミーが小さく変わった理由としてまず考えられるのは、「製造コストの削減」ではないでしょうか?

昨今あらゆるものの価格が高騰しており、メーカー側も今までと同じ値段で売るには、品質を下げるか内容量を減らすかしか選択がないのかもしれません。

しかし、品質を下げてしまうとメーカー側は安く作ることはできても、お客さんは満足しませんよね。

「変わらない味を同じ値段で販売し続ける」ために、内容量を減らすのは仕方のないことかなと

ラミーの形状が変わったことについては、ロッテの担当者はこう答えています。

利便性を高めるためと、お客様に安全で美味しいチョコレートを食べてもらいたいという理由で形状を変更しました。

ロッテの担当者に聞いた「ラミー・バッカス」の人気の秘密

これはどういうことかというと、ラミーの食べ方をリサーチした結果、何回かに分けて食べる人が多いことに気付いたそうです。

でも、食べかけのチョコを銀紙で包みなおすのは不衛生だし、何よりお酒の香りがとんでチョコレートの風味が落ちてしまうんだとか。

「チョコレートをおいしいうちに食べきってもらうため」、今の個包装パックに変わったそうです。

「らしさ」があるのは以前の銀紙に包んだタイプでしたが、食べやすさで言ったら個包装パックのほうが上ですもんね◎

銀紙ってきれいに破れなかったりするし、個包装パックだと人とシェアしやすいのもいいですよね^^

スポンサーリンク

ロッテのラミーが小さくなった!変わった理由まとめ

  • ロッテのラミーは、内容量が90gから78gに変わっている
  • 銀紙に包んだバータイプの形状だったが、内容量の変化にあわせて個包装パックになった
  • ロッテのラミーが小さくなったのは、製造コストの削減が理由かも
  • 個包装パックに変わったのは、安心して最後までおいしくラミーを食べてほしいというロッテの担当者の思いから

ラミーは実際に12g内容量が減って少なくなっています。

昨今の状況を考えると、少なくなるのは仕方のないことかもしれませんね。

形状が変わったのも話題になっているラミーですが、「安全でおいしいチョコを食べてほしい」という担当者の思いから変わったものです。

内容量は減っていますが、チョコの厚みが1㎜大きくなっているそうですよ!

この時期しか味わえないラミーを十分に楽しんでくださいね^^

関連記事:ラミーとバッカスチョコはいつからいつまで販売してる?売ってないのは冬季限定だから

テキストのコピーはできません。