豆腐ハンバーグの日持ちはどのくらい?冷蔵保存と冷凍保存での違いについても

豆腐ハンバーグの日持ちはどのくらい?冷蔵や冷凍のコツ

豆腐を入れて作る豆腐ハンバーグは、ふわふわの食感とヘルシーさが嬉しい人気のメニュー。

豆腐が入る分やわらかくなるので、小さい

子どもでも食べやすく我が家でもよく食卓に登場します^^


豆腐でかさ増しできるからか、思ったよりも豆腐ハンバーグができることがあって。

そんなとき気になるのは、豆腐ハンバーグの日持ちはどれくらい?ということ。

作りすぎてしまった豆腐ハンバーグも、保存することができたら忙しいときに大助かりですよね。

そこで今回は、豆腐ハンバーグの日持ちについてまとめました。

スポンサーリンク

豆腐ハンバーグの日持ち

豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグの日持ちは、冷蔵保存で2~3日、冷凍保存で2週間ほどです。

それぞれの保存方法を詳しく見ていきましょう。

冷蔵保存の方法

  1. 加熱した豆腐ハンバーグは粗熱をとる
  2. タッパーに入れてしっかりフタをして冷蔵庫で保存

タッパーといった密閉容器がなければ、お皿にのせてラップをかけるだけでもOK。

豆腐ハンバーグが乾燥したり、冷蔵庫内のニオイがうつるのを防ぐためにラップを忘れずにかけましょう。

豆腐ハンバーグは焼く前のタネの状態でも1日くらいなら冷蔵庫で保存できます。

ただ、豆腐とひき肉を合わせたタネは水分も多く、空気に触れていることで菌も繁殖しやすくなっているため、焼く前の状態を保存するのはおすすめできません。

豆腐ハンバーグは、しっかりと火を通したものを保存するようにしましょう。

冷凍保存の方法

  1. 加熱した豆腐ハンバーグは粗熱をとって、1つずつラップで包む
  2. ジッパー付きの袋に重ならないように入れる
  3. アルミトレイの上にのせて冷凍庫で保存する

豆腐ハンバーグはアルミトレイの上にのせて急速冷凍させることで、豆腐ハンバーグのおいしさをキープしたまま保存することができます。

冷凍した豆腐ハンバーグは、電子レンジで解凍するだけでOK!

豆腐ハンバーグの詳しい冷凍方法や、おいしく食べるための解凍方法など、詳しくはこちらの記事で紹介しています◎

豆腐ハンバーグはやわらかいので、味付けを工夫すれば子どもの離乳食にもぴったりです。

多めに作って冷凍しておいたら、離乳食作りもぐんと楽になりますね^^

スポンサーリンク

豆腐ハンバーグを保存する時の注意点

豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグを保存するときの注意点は2つ。

  • 豆腐ハンバーグを作るときに豆腐の水気を切ってしっかりつぶすこと
  • 豆腐ハンバーグは焼いて水気をしっかりとばすこと

豆腐ハンバーグを作るときに豆腐の水気を切ってしっかりつぶす

豆腐ハンバーグを作るとき、豆腐の水気はしっかり切って塊が残らないようにつぶしてください。

豆腐の水気が十分に切れていないと味が薄まりますし、豆腐の塊が残っているとハンバーグに割れ目ができてそこから肉汁が流れ出てしまいます。

また、豆腐の塊が残った豆腐ハンバーグを冷凍すると、解凍したときに水分が抜けて豆腐の塊の箇所がスポンジのような食感に。

私も以前豆腐ハンバーグを作ったことがあるのですが、「豆腐ってやわらかいから作っている最中に自然に形がくずれるだろう」と思ってたんですね。

なので、豆腐をつぶすのをそこそこにしたら、焼いて食べるときにも豆腐の塊が残っていてびっくりしました。

なめらかなペースト状になるまで豆腐をしっかりつぶすのが、おいしい豆腐ハンバーグのポイント。

ふわふわの豆腐ハンバーグのためにも、豆腐の下ごしらえこそ丁寧に行うようにしましょう。

豆腐ハンバーグは焼いて水気をしっかりとばす

豆腐ハンバーグは電子レンジでも作ることができますが、保存するのが前提であればフライパンで焼いて水気をしっかりとばすようにしましょう。

余分な水分が残ったままだと、時間の経過とともに水分が出てきたり、解凍したときに肉汁が抜けておいしくなくなってしまいます。

フライパンで焼いて、豆腐ハンバーグの中心部までしっかり水気をとばすように焼いてください。


水気をしっかりとばした豆腐ハンバーグは、少しパサつきを感じることもあります。

その場合は、あんかけにしたりソースで煮込んだり、味付けで食感をカバーしてあげると食べやすくなりますよ^^

スポンサーリンク

豆腐ハンバーグの日持ちするレシピ

豆腐ハンバーグ

作り置きにもおすすめな豆腐ハンバーグのレシピを紹介します。

多めに作っておけば毎日の食事作りがグッと楽になるはずです^^

和風豆腐ハンバーグ

Cpicon 和風豆腐ハンバーグ【冷凍保存可】 by うめ*69

人参や大葉が入った彩りがきれいな豆腐ハンバーグです。

豆腐を水切りすること・ペースト状になるまでタネをよく練ることで、保存してもおいしさが損なわれにくいレシピになっています。

レシピでは最後にあんをかけていますが、保存するのであれば味付けはしないほうが日持ちしますよ。

しっかり味の豆腐ハンバーグ

Cpicon ◆簡単♡美味しいヘルシー豆腐ハンバーグ◆ by ☆classy☆

タネにコンソメとケチャップを入れることで、豆腐ハンバーグの物足りなさをカバーしています。

成形しやすく崩れにくいので、初めての豆腐ハンバーグのレシピとしてもおすすめです。

スポンサーリンク

豆腐ハンバーグの日持ちまとめ

  • 豆腐ハンバーグの日持ちは、冷蔵で2~3日・冷凍で2週間ほど
  • 豆腐ハンバーグは冷蔵・冷凍ともに、焼いてから保存するのがおすすめ

豆腐ハンバーグは、豆腐の下ごしらえをしっかりと行うことで、作り置きにもぴったりな一品になります。

豆腐をしっかりつぶすのは少し手間がかかりますが、なめらかになるまでよくつぶしてくださいね◎

保存している間のおいしさに差が出ますよ!

テキストのコピーはできません。